『森とつながる都市での木づかいシンポジウム』~デザインと異業種連携で産み出す、新時代の森づくり・木づかい~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、経団連自然保護協議会、(公社)国土緑化推進機構
共催/特定非営利活動法人活木活木森ネットワーク、木材利用推進中央協議会、(一社)日本プロジェクト産業協議会
後援/林野庁

sympo20131001_001

2012年に策定された「生物多様性国家戦略」では、生物多様性の保全に向けた取組として国産 材の利用拡大が位置づけられるともに、本年から開始された京都議定書第2約束期間では、森林による二酸化炭素の吸収に加えて、木材として住宅等に貯蔵されている炭素量が温室効果ガスの吸収源として計上されることととなり、木材の利用が温暖化防止 に貢献することが明確化されました。

こうした中、我が国では、「公共建築物等木材利用促進法」の制定や「再生可能エネルギー固定価格買取制度」の開始、「木材利用ポイント事業」等の新たな政策が展開されております。

そこで、豊かな森林資源と木の文化を有する我が国において、素材としての木材の良さを再認識し、業種を超えた幅広い企業等が森と木を活かした新しいビジネスの創造の可能性と地域社会やライフスタイルのあり方について考える場として、2013年の「木づかい推進月間」のキックオフ・シンポジウムを開催します。

1.主催者挨拶

出井 伸之 (美しい森林づくり全国推進会議 代表)

佐藤 正敏 (経団連自然保護協議会 会長)

2.来賓挨拶

林 芳正 (農林水産大臣)

3.基調講演

「木づかいで地球も人間も健やかに ~京都議定書における木材の取扱いと木材の快適性増進効果に関する研究の最前線~

恒次 祐子 (独立行政法人森林総合研究所 主任研究員)

4.概要報告

動き出した、森とつながる都市での木づかい

沼田 正俊 (林野庁長官)

5.話題提供

林業復活に向けて、国民の理解と合意のための運動

高藪 裕三 ((一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC 専務理事)

6.事例発表「森とつながる都市での木づかい・最前線」

感性価値と健康効果を高める木質空間の提案 ~イベント・店舗・福祉施設からまちづくり~

杉本 貴一 (住友林業(株)木化営業部)

Soup Stock Tokyo の国産材を使った店づくり

平井 俊旭 (スマイルズ(株)クリエイティブ室 ディレクター / Soup Stock Tokyo)

7.パネルディスカッション

「新たなCSR・事業開発の可能性」~森と木のあるライフスタイルの視点から~

<コーディネーター>

宮林 茂幸(美しい森林づくり全国推進会議 事務局長、東京農業大学 教授)

<パネリスト>

住友林業(株)、スマイルズ(株)、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、

林野庁、(独)森林総合研究所の各発表者

<コメンテーター>

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

基調講演

「木づかいで地球も人間も健やかに ~京都議定書における木材の取扱いと木材の快適性増進効果に関する研究の最前線~

恒次 祐子 (独立行政法人森林総合研究所 主任研究員)

sympo20131001_005

森林総合研究所の恒次と申します。今日は、木をめぐる世界の情勢についてお話しさせていただきます。

一つ目は、木をめぐる世界の動向です。京都議定書第二約束期間が今年から始まり2020年まで続きますが、その京都議定書第二約束期間では木材利用にクローズアップして後押しするような決定がなされましたので、その話を最初にご紹介します。二つ目は、実際に木を使った時、使っている人の心や体にどのような影響があるのかというデータをご紹介します。

sympo20131001_006

この画像は、2011年の年末に南アフリカのダーバンで行われたCOP17/CMP7の会議の模様です。この会議の場所で、私たち木材関係者にとって非常にインパクトのある決定が行われました。第二約束期間に、木材を使うことによる炭素の収支を各国が計算して国際的に報告するという決議です。

そもそも木材利用には3つの地球温暖化防止効果があり、1つ目として炭素を貯蔵する効果があることが知られています。樹木が成長する際に二酸化炭素をたくさん吸収しますが、その二酸化炭素を炭素の形で木の中に蓄えて大気中に戻さない効果を炭素貯蔵効果と呼んでいます。

2番目として、木材を加工する際のエネルギーは他の資材に比べて非常に少ないという特徴があります。これは省エネルギー効果と呼ばれています。

3つ目は、化石燃料代替効果。長く大切に使った木材を最後にエネルギー源として使うことで化石燃料を使う量を減らすことができます。いわゆるカーボンニュートラルで、化石燃料を代替することによって二酸化炭素の排出を削減する効果です。

sympo20131001_007

このようなデータがあります。上は、同じ大きさの家があったとして、そこに蓄えられる炭素の量を表したものです。木造住宅では木がたくさん使われているので、他の工法の住宅に比べて炭素を貯蔵している量が多いことがわかります。下には排出量とありますが、これは、家を建てる時に使う材料を作るために排出するエネルギーです。木材には省エネルギー効果があるため、木造住宅は他の工法の住宅よりも値が小さくなります。

今回の京都議定書第二約束期間によって各国がカウントして報告しなければならないと決められたものが、上にある、炭素をどのくらい貯蔵しているかという貯蔵効果を計算したもので、その収支を報告しなさいというルールです。

sympo20131001_008

なぜ第二約束期間になってそのようなルールが急に出てきたのかというと、従来、各国の議論が収束せず、第一約束期間内では木材中の炭素貯蔵は無視しようという約束になっていました。つまり、木材による炭素の吸収・排出はないという仮定ですから、木の中にある炭素は無視され、森林を切った段階で排出とみなします。その後、いくら長く木材を使おうが関係ないという考え方です。しかし、これではさすがに現実と乖離しすぎているということで、第二約束期間に向けて検討を重ねてきた結果、2011年のダーバン会議で今回のような決定がなされたという流れです。

sympo20131001_009

以下は、ダーバンの会議で発表された決定事項の中から木材に関するものを取り出したものです。「議定書締約国は第3条3項ならびに4項の下で報告されている森林から伐出された伐採木材製品を計上する」。第3条3項、4項の下で報告されている森林は、国内にある人の手により整備されている森のことを指しています。言い換えれば、自国内にあり、自分で手入れしている森から出てきた木材の炭素吸収・排出量を計測して報告しなさいというルールが決まったということです。国産材利用の重要性が今まで以上に高まったと言えると思います。

もう一つ、このルールの重要な点は、木材が森林と結び付けられたという点です。国産材利用と森の吸収・排出とのつながりを一体のものとして対策していくべきだと考えています。 木材利用について国際的にも非常に追い風が吹いている時期ですが、木を使うことによって私たちの体にどのようなメリットがあるのかということを、後半でご紹介したいと思います。

データをいくつかご紹介する前に、前提となる測定法などをご紹介します。

sympo20131001_010

被験者さんのおでこにセンサーを貼っている画像、これは脳の血流を図るセンサーで、前頭葉といわれる部分の血流を図っているところです。私たちの脳は、活動をすると酸素を消費しますので酸素を運ぶためにたくさんの血液が送られてきます。その血流を図り、血流が増えていたら、その部分の脳が活動したことを指します。逆に、減っているとその部分の活動が鎮静化しているという解釈ができます。

左手にもう一つセンサーがついていますが、これは血圧と脈拍数を図るセンサーです。皆さんも、上腕を入れて血圧を図る装置で測定をされたことがあるかと思いますが、それを指で行います。上腕で図るタイプは一度しか測定できませんが、こちらは1秒ごとに連続して血圧や脈拍の変化を図ることができます。

少し専門的ですが心拍変動性解析についてご説明します、心臓が鼓動を打つ間隔は規則正しいと感じているかもしれませんが、ミリ秒単位で見ると実は間が少し揺らいで長くなったり短くなったりしながら心拍していることがわかります。心電図計を使って心拍の間隔とそのゆらぎを解析すると、交感神経と副交感神経の活動がわかります。交感神経活動は、緊張したり活動したり、戦闘態勢に入る際などに活動が高まります。副交感神経活動は、リラックスしている時、眠い時などに高まってくる神経活動です。

sympo20131001_011

まとめると、このような形になることが知られています。ストレスがかかると血圧と脈拍数が上昇し、交感神経の活動も高まり、副交感神経の活動が下がります。逆にリラックスすると、血圧と脈拍が下がり、交感神経活動も下がって副交感神経の活動が上がるという活動が典型的です。

こうしたことを踏まえた上で、いくつかデータをご紹介します。まず、五感で得られる木材の要素を一つずつ取り出して実験室で実験した結果からです。

これは、木材の香りに対する生理的な反応です。スギのチップが入った銀色のタンクから、スギの香りが被験者の周囲で漂います。上が、十数名の方の血圧変化の平均値,下が脳の活動で、横軸が時間。1分半、香りをかいでいただく実験です。

sympo20131001_012

香りをかぎ始めると血圧がスーっと下がり、脳の血流も下がってきます。スギの香りによって体が鎮静化し、脳の活動も鎮静化したことがわかるデータです。スギやヒノキなどの針葉樹に多く含まれる、香りがする化学成分「α-ピネン」という物質をかぐと、真ん中の赤い線(17名の方の平均値)で血圧が低下していることがわかります。もう一つ、「リモネン」という、木や柑橘系のフルーツの皮などに含まれているレモンのような香りをかいでも血圧が下がりはじめて、木から成分を取り出しても体をリラックスさせる効果があることがわかりました。α-ピネンやリモネンはとても興味深く私もずっと研究しています。

sympo20131001_013

これは、パソコンの作業をしてもらいながら香りをかぐとどうなるかという実験です。被験者にパソコンのストレスがかかる課題をしてもらい、その間、香りのある場合とない場合で比較をしています。画面上に9つ、時計のメーターのようなものが出てきて、その針がそれぞれバラバラに動きます。針が5分から15分の間のところに入ったら、1番から9番までつけられたメーターの番号を押すという課題です。9つがバラバラに動き、間違えると音が鳴るなどとてもストレスがかかる課題で、これを20分間やっていただいています。15名の方の平均値では、白が香りのない場合、赤がα-ピネンをかいだ場合、緑がリモネンをかいだ場合のデータです。10分から30分のところまでの20分間、PC作業をしてもらっています。

非常にストレスのかかる状態で作業をしていただいていますので、始めると心拍数がポンと上がりますが、香りをかぎながら作業をすると心拍数の上昇が抑えられたという結果が出ています。木の香り成分に、作業時のストレスを緩和する効果があるのではないかと解釈することができます。

sympo20131001_014

マウスにがん細胞のような悪性腫瘍を移植し、その成長をみるという研究をした方がいます。一匹のマウスは何も香りがない場所で過ごし、もう片方のマウスはα-ピネンの香りがする環境で過ごし、7日、10日間、14日後、17日後に腫瘍のサイズを図っていったデータです。香りがない場合はがん細胞が成長していきますが、香りがあるところで飼われていたマウスはその成長が抑えられました。なぜかはわかりませんが、マウスにとってリラックスできる環境だったせいかもしれません。

人間のNK細胞を試験管の中で調べた、日本医科大の先生の実験です。NK細胞は、人の体の中でがん細胞を食べるなど免疫活動をする細胞です。そのため活性化させることが免疫力を上げると解釈されますが、それぞれの研究ではヒノキやヒバに含まれるα-ピネンを試験管の中のNK細胞に落として、どのように活性化していくかを調べた研究です。数値は香りの濃度を示していますが、どの香り成分でも、量が増えると活性化が増えるということがひとついえます。またどれも、香りがない時よりもある時のほうが活性化が進むというデータです。先ほどのマウスの場合も、免疫力が上がって悪性腫瘍の成長を抑えたと考えることもできるかもしれません。

sympo20131001_015

これは、私が最近行っている実験で、赤ちゃんに木の香りをかいでもらうとどうなるかという実験です。その結果をご紹介します。α-ピネンとリモネンと香りがない場合を見ています。安静を2分間、香りを2分間かいで、また安静を2分間とるという実験をしたところ、赤ちゃんも木の香りをかぐと心拍が下がってリラックスするというデータです。再現性もあり、何度行っても同じ傾向が出るため、α-ピネンにはそういう作用があるのではないかと思っています。

次は、接触の話です。千葉大学の宮崎先生の研究です。スギの塗装がないもの、薄い塗装をしたもの、厚い塗装をしたもの、そして金属。それぞれに触ってもらうとどういう反応が起きるかという実験です。上から順番に、スギの塗装のないもの、オイルフィニッシュの塗装のもの、この2つは触ると「木だな」ということがわかります。それに対して、スギに厚いポリウレタン塗装を施したものは、プラスチックのような感触です。被験者に目をつぶってもらい、材料は下から機械で上がってきて手に触れますので、ご本人たちは何を触っているかわかりません。

sympo20131001_016

血圧の変化を見ると、どの材料も触った瞬間は血圧が上がりますが、スギの無塗装のものとオイルフィニッシュ塗装の場合は速やかにもとの値に戻っていきます。スギの厚い塗装や金属ではなかなか血圧が下がらずにドキドキした状態がずっと続くというデータです。したがって、適材適所で、木の手触りをいかした使い方が大切ではないかと解釈しています。

次は見た目の話です。ニュージーランドのRidouttさんがなさった研究で、木をたくさん使ったオフィスの写真、木を使っていないオフィスの写真を何枚か学生に見せて、「どの企業で働きたいですか」という質問をした実験です。

上が働きたい企業、下が働きたくない企業の順位です。1番から20番まで番号がついています。縞々で表されている棒グラフが木を使っているオフィス、黒で示されているグラフが木を使っていないオフィスです。働きたい順で1位から5位までを見てみると、上位4つが木の内装を使ったオフィス、それに対して下の働きたくない順では6位中の1つを抜いて全て木を使っていないオフィスでした。

sympo20131001_017

木ではありませんが、観葉植物があると仕事の効率が上がることも知られていまして、ワシントン州立大学での実験では、全く観葉植物がないコンピュータールームと観葉植物を置いたと場合で調べると、仕事の効率が上がり、仕事をしている間の血圧の上昇も抑えられたという結果も出ています。

今まで、見た目、香り、手触りなどを取り出してきて実験室で行った実験をご紹介しましたが、最後に、木質に囲まれた空間がどういう影響を与えるかというデータをお示しします。

森林総合研究所でモデル木造住宅を平成23年に建てました。私どもが開発したいろいろな材料を使って建てた家です。異樹種集成材や合板などを使うほか、蓄熱床なども作り、様々な実験に使用していますので柱にひずみゲージなどがついていたりしています。

この家の2階、右手に見えている窓2つの部分に同じ大きさの部屋が2つ、隣り合わせであります。その内装を、一つはクロス張り、もう一つは床と天井をヒノキ、壁はスギの腰板を貼りました。ここに被験者に来ていただき実験しています。

sympo20131001_018

目をつぶって部屋に入り、目を開けてから3分間そこにいてもらいます。クロス張りの部屋では脈拍数がポンとあがります。木質の部屋では、脈拍数が上がりませんでした。クロス張りの部屋では体が多少ストレス状態になっていたのに対して、木の部屋ではそれがなかったという結果です。また副交感神経の活動ですが、木質の部屋でクロス張りの部屋に対して有意に高かったことがわかりました。したがって、木をふんだんに使った部屋では体がストレス状態にならずリラックス状態になる効果があると考えられます。

sympo20131001_019

それぞれの部屋で室内空気を図ってみると、クロス張りの部屋は実験用に特殊な施工をしておりたくさん接着剤を使っているせいか、TVOC(総揮発性有機化合物)はクロス張りの部屋で多く、α-ピネンやβ-ピネン、リモネンといった木の香り成分は木質の部屋のほうが多かったという結果が出ています。木の香り成分や見た目の色の柔らかさなどが副交感神経の活動に関連しているのではないかと見ています。

最後に、橘田先生らによる学校の木造校舎の非常に有名なデータをご紹介します。先生たちの蓄積的な疲労を、木造校舎とRCの校舎で調べた実験の結果です。気力の減退や不安な気持ち、抑うつ状態、イライラというものがRCの校舎で有意に高く、木造では負の感情を抱くことが低かった、先生たちの疲労が少なかったという結果が出ています。

もうひとつ、左の上のグラフは小学生の授業中の注意力を調べたものです。下は、授業中の眠気とだるさを聞いたものです。RCの校舎では集中することが困難なうえに眠くてだるいという答えが多く、学年を経るごとに多くなっていく傾向がありましたが、木造校舎ではそういう答えが少なかったことと、学年が進んでも増えてこなかった結果が見出されています。インフルエンザによる学級閉鎖の率も、木造校舎と内装を木質化した校舎で少なかったということです。

これは1990年から1993年頃に行われた実験で、当時はどうしてこのような結果が出るのかわからなかったのですが、最近になって、こういうこともあるのかなということがわかってきたという例をご紹介します。

九州大学の綿貫茂喜教授がなさった実験です。九州のある中学校で、教室の机をスギで作った机に替えた教室、よくある金属製の新しい机を入れた場合、古い金属製の机を使った教室の3クラスを作り、そこの生徒さんたちの唾液をとって免疫力を調べたというものです。

ご覧のとおり、スギの机を入れた教室では免疫力がずっと高く推移し、古い金属机を使っている教室、新しい金属机を使っている教室との差があったということです。休む学生も少なかったそうです。それぞれの教室で香り物質をとってみると、スギの机の教室でα-ピネンなど香り物質であるテルペン類が多く、香り成分がこれだけの効果をもたらしたのではないかと考えられています。

まとめます。繰り返しますが、京都議定書第二約束期間が今年から始まり2020年まで続きます。ちょうどオリンピックの年です。第二約束期間では、国産材による炭素吸収・排出量を計上して国際的に報告することになりました。国産材利用の重要性が国際的にも高まったということで、今後は森林と木材をつなげた一体の対策をうっていく必要があると考えています。

sympo20131001_020

後半は、木材に囲まれた空間が人をリラックスさせたり、免疫を向上させることをご紹介しました。今までご紹介したデータは全体の一部だけを調査している段階で、今後、まだ取り組むべき課題が多くあると考えています。子どものデータも必要ですし、高齢者のデータも必要です。場所で言えば、ほとんどの人が長い時間を過ごすオフィスなどの場所で、木を使うことによってどのような効果があるかというデータも欠けています。産官学など様々な連携の中で、こういうデータが今後必要になってくると思っています。

木を使うことで、地球にもいい影響があり、人間にもいい影響があるという話をさせていただきましたが、これは決して偶然のことではなく、人間も自然の一部であるからこそだと感じています。木づかいのススメは皆さんの健康に良いという話をさせていただきました。どうもありがとうございました。