『森とつながる都市での木づかいシンポジウム』~デザインと異業種連携で産み出す、新時代の森づくり・木づかい~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、経団連自然保護協議会、(公社)国土緑化推進機構
共催/特定非営利活動法人活木活木森ネットワーク、木材利用推進中央協議会、(一社)日本プロジェクト産業協議会
後援/林野庁

sympo20131001_001

2012年に策定された「生物多様性国家戦略」では、生物多様性の保全に向けた取組として国産 材の利用拡大が位置づけられるともに、本年から開始された京都議定書第2約束期間では、森林による二酸化炭素の吸収に加えて、木材として住宅等に貯蔵されている炭素量が温室効果ガスの吸収源として計上されることととなり、木材の利用が温暖化防止 に貢献することが明確化されました。

こうした中、我が国では、「公共建築物等木材利用促進法」の制定や「再生可能エネルギー固定価格買取制度」の開始、「木材利用ポイント事業」等の新たな政策が展開されております。

そこで、豊かな森林資源と木の文化を有する我が国において、素材としての木材の良さを再認識し、業種を超えた幅広い企業等が森と木を活かした新しいビジネスの創造の可能性と地域社会やライフスタイルのあり方について考える場として、2013年の「木づかい推進月間」のキックオフ・シンポジウムを開催します。

1.主催者挨拶

出井 伸之 (美しい森林づくり全国推進会議 代表)

佐藤 正敏 (経団連自然保護協議会 会長)

2.来賓挨拶

林 芳正 (農林水産大臣)

3.基調講演

「木づかいで地球も人間も健やかに ~京都議定書における木材の取扱いと木材の快適性増進効果に関する研究の最前線~

恒次 祐子 (独立行政法人森林総合研究所 主任研究員)

4.概要報告

動き出した、森とつながる都市での木づかい

沼田 正俊 (林野庁長官)

5.話題提供

林業復活に向けて、国民の理解と合意のための運動

高藪 裕三 ((一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC 専務理事)

6.事例発表「森とつながる都市での木づかい・最前線」

感性価値と健康効果を高める木質空間の提案 ~イベント・店舗・福祉施設からまちづくり~

杉本 貴一 (住友林業(株)木化営業部)

Soup Stock Tokyo の国産材を使った店づくり

平井 俊旭 (スマイルズ(株)クリエイティブ室 ディレクター / Soup Stock Tokyo)

7.パネルディスカッション

「新たなCSR・事業開発の可能性」~森と木のあるライフスタイルの視点から~

<コーディネーター>

宮林 茂幸(美しい森林づくり全国推進会議 事務局長、東京農業大学 教授)

<パネリスト>

住友林業(株)、スマイルズ(株)、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、

林野庁、(独)森林総合研究所の各発表者

<コメンテーター>

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

概要報告

動き出した、森とつながる都市での木づかい

沼田 正俊 (林野庁長官)

sympo20131001_021

皆様方には、日ごろから森林運用、木材産業の推進にあたって人方ならぬご支援・ご尽力を賜りまして、改めてお礼申し上げます。

本日は木づかい推進月間ということで、「動き出した多様な木づかい」と題して木材利用の現状や林野庁の取り組みなどを中心にご報告したいと思います。

先程大臣の挨拶にもありましたが、これは、東京スカイツリーにすると16棟分の木材が毎年増えているということを示した、日本の森林資源の全体の状況です。人工林がブルーです。植林をしたことで順調に増えています。1年間の成長で見ると、トータルすると1万立方メートル、100メートル四方にすると10キロです。それをスカイツリーにすると16棟分、富士山にすると2.6個という高さになります。

木材の需要はどうかというと、国産材の自給率は3割を下回っている状況です。全体の木材の需要量は、製材や家具、合板などの使われ方がありますが、それぞれにおいても半分を切っていて、パルプやチップで15%というところです。まだまだ国産材を使える余地はあると考えています。

sympo20131001_022

sympo20131001_023

スギ1本の柱です。スギ正角の価格が今は4万円くらいですが、その値段を分解してどこにコストがかかっているかを示したグラフです。一番上の青と赤の部分は、加工流通の段階や木を切って丸太にする段階のコストです。緑の部分は立木の値段、山に帰っていく値段です。これを見ると、立木の値段が年々下がり、過去と比べて1割くらいにまで減っています。最近は山に帰っていくお金が非常に少なくなったということがいえるかと思います。

こうした森林の現状がある中、間伐が遅れて土がむき出しになっている森林、風で倒れてしまう森林、大規模に皆伐される森林などがよく見られます。私どもとしてはこうしたことはできるだけ少なくしたいと取り組んでいるところですが、あることは事実で、森林のもつ様々な機能に支障をきたす恐れがあります。

特に私どもとしては、人が苗木を植えて育てている人工林を中心にしっかり利用し手入れをしていくことが必要だと考えています。切って使う、そのあとに植えて育てるという一連のサイクルを維持していけるようになると、森林が本来もつ、水資源や国土の保全、地球環境の保全など多面的な機能がきちんと発揮されるようになるのだと思います。

sympo20131001_024

私どもとしては、そのためにも木材の利用をまず増やしていきましょうということで取り組んでいます。具体的には、公共建築物における木造化・木質内装化に取り組んでいます。新たに、住宅など一般建築物で木材を使う範囲を拡大することや、木質バイオマス、木材製品の輸出、新たな木材製品の技術開発などにも取り組んでいます。

sympo20131001_025

具体的に説明します。これは、公共建築物における木材利用の拡大を示したものです。平成22年に「公共建築物等における木材の利用と促進に関する法律」ができました。この法律のもとで、たとえばスギならば、自ら率先して公共建築物における木材の利用に努めなければならないということが明記されています。関係省庁で計画を策定して木材を積極的に使うことに取り組んでいる最中で、少しずつですが、国における木材利用率は増えています。

また、全ての都道府県に木材利用方針を作ってもらいました。市町村は全国に1700ほどありますが、現在、1500を超える市町村に作っていただいています。こうした気運を大切に育てていくことと同時に、市町村の中でも大都市周辺の進みが遅い部分もありますので、そうしたところでも具体的に木材を使っていただくことができるような取り組みを進めていきたいと思っているところです。

次は実例です。いろいろなところで使っていただいている様子がわかります。

sympo20131001_026

中央上は港区さんのエコプラザです。右上は飯能市の小学校です。都心や教育の場面でも木材が使われるケースが増えてきている状況です。林野庁としても、木材のモデル的な施設に対して支援をさせていただいていまして、その際は、使った木材の種類や産地を表示していただきたいというお願いをしています。

これは新規分野と位置づけていますが、従来にはない間伐材の使われ方です。ひとつはバイオマスなど自然エネルギー関係での施策で、太陽光発電の架台に木材を使っていただいたり、軟弱地盤に丸太を埋めて地盤を強固にするという方法などです。昔の丸ビルの地下ではマツの丸太を使っていましたが、こうした手法は東京の埋立地などでも使われているところがあります。地盤改良にもどんどん使っていただければと思っていますし、たとえば鉄道車両の内装など関係企業にもご協力をいただきながら進めているところです。

sympo20131001_027

平成24年度の補正予算で、木材利用ポイント事業を実施しています。これは消費者の方々がスギ、ヒノキ、カラマツなどを使って住宅を建てたり住宅の内外装に木材を使う場合、家具などの木材製品、木質のペレットストーブ、薪ストーブなどを購入する際に、家電エコポイントと似た仕組みの木材利用ポイントをもらえるという仕組みです。もらったポイントは、地域の農林水産品や商品券と交換するほか、森づくりや被災地への寄付などに使って地域に還元していただいています。

今年の7月から正式に応募していただいている状況ですが、その中で変わってきたことがあります。たとえば住宅分野では、ある大手ハウスメーカーが構造材で国産材を使うという取り組みを始めていますし、今までどちらかというと鉄骨系を使っていた会社も木造住宅を供給する、あるいは柱や土台を全面的に国産材に切り替える、ツーバイフォー工法で国産材を使う取り組みを開始する会社も出てきています。私どもとしても大いに期待させていただいているところです。

sympo20131001_028

一方で、木づかいにおいては消費者の皆様方、木材の関係者の皆様方のご理解を進めていく必要もあると思っています。今月10月は木づかい推進月間ということでいろいろな取り組みをさせていただいています。ポスターを今日ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、「木」という字が「十」と「八」という漢数字に分解されますので、10月8日を「木の日」としています。また、秋から冬にかけて木材も本格的な伐採の時期に差し掛かるということもあり、10月を中心にこうしたことを推進させていただいているところです。

sympo20131001_029

次は木育です。木に慣れ親しみ木の良さを感じてほしいということで、おもちゃなどの木質化を推奨し、ご支援させていただいています。

もうひとつは木質バイオマス利用についてです。日本で伐採されている木の半分は、山に放置され使われていない現状です。再生可能エネルギーの固定価格買取制度が24年7月にスタートしましたので、それらも活用して木質バイオマス発電にも力を入れているところです。

木質バイオマスでは、日本にある資源を使うため、利用する方が支払うお金は日本の中でぐるぐる回ります。化石燃料であれば中東などへ出て行ってしまいますから、山村経済にとっても有効ではないかと思いますし、木材はカーボンニュートラルですので地球温暖化防止にも役立ちます。私どもとしてもしっかり進めていきたいと思っているところです。

sympo20131001_030

これは、固定価格買取の種類です。木質バイオマスの認定は現在18件ですが、まだまだこれから増えていくと思っています。間伐材などを活用した新規のものが30件ほどあると聞いていますし、構想中のものまで含めると50ないし70件あるということですので、積極的にご支援させていただきたいと思います。

これは、新たな製品開発に関するものです。木材は燃えるという性質がありますが、きちんと手当をすれば耐火にも十分対応できます。メンブレン型、燃え止まり型、木質ハイブリッド型とありますが、木材や他の素材と合わせてハイブリッド化し耐火性を確保していくという開発が進んでいます。

sympo20131001_031

これは「サウスウッド」という、横浜は港北ニュータウンにできた施設です。10月末にオープンすると承っています。1時間耐火性能を実現した木材で商業施設を造っています。2階から4階が木材、1階が鉄筋コンクリートで、こうした施設が段々増えています。

先程CLTの話がありましたが、木の断層が1層ごとにクロスされたかなり厚い板です。壁材と柱材を組み合わせた形ですが、断熱性や耐震性に優れています。1990年代後半にヨーロッパを中心に急速に開発され広がっており、カナダやアメリカでも中高層の木造建築物が出てきています。

sympo20131001_032

ヨーロッパでのCLTの生産数量と価格の推移です。生産数量はここ2~3年で急速に増えています。赤いラインです。生産量が増えることでコストも下がるという構造が出てきています。我が国でも、利用が進んでくればこういう構造になってくるのではないかと思っていますし、日本でも実はCLTを使用する建物が国交大臣の認定を個別に受けて高知で建築中と伺っています。国交省にご協力いただきながら、データ整理や一般化に向けた努力をさせていただきたいと思います。

木材は、水に浮くため軽いです。鉄筋コンクリートは沈みます。全体の重量が軽くなるということは、比較的コストがかからずに耐震性を確保することができるということでもあります。基礎部分が少し安くなる可能性があるということです。環境面でも優れ、人にも優しいなどいろいろな特徴が木材にはあると思っています。木材の需要を拡大していくことと合わせて、原料となる木材が山から安定的に供給される仕組みや、木材の加工技術向上等にも同時に取り組んでいきたいと考えているところです。

木材にまつわる現状についてお話をさせていただきました。木材を使うことへの関心は非常に高まっています。日本再興戦略の中にもありますが、木材の利用を核として積極的に進め、日本の森林の整備、国土の保全につなげていきたいと考えています。ぜひとも皆様方にご支援いただきながら担っていきたいと思っています。ご清聴ありがとうございました。