『2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム』 ~林業復活と都市で拡げる木材利用~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・森林再生を推進する国民会議
共催/ (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、
経団連自然保護協議会、(一社)日本CLT協会、 (特)活木活木森ネットワーク
後援/林野庁

sympo20140730_001

近年、我が国の国土の7割を占める豊かな森林資源を活かした、地域経済の活性化・地域再生等への関心が高まりを見せています。さらに、木造で中高層建築物の建設が可能なCLT(直交集成板)等の技術開発が進む中で、新たに都市部での木材利用の可能性も拡がっています。

他方、国際的には2013年から木造建築物や木製家具等への炭素固定量が温室効果ガスの吸収源として計上されることになり、地球環境保全に向けた木材利用の役割も高まっています。

近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフスタイルが提案されています。

そこで、我が国では東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとともに、地球温暖化防止や生物多様性保全等の国際条約の目標年でもある2020年に向けて、産業界や行政、生活者等の幅広い関係者で、新たな森づくりの可能性について議論するシンポジウムを開催します。

主催者挨拶

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

槍田 松瑩 (三井物産(株) 取締役 会長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

基調報告

【1】「林業の成長産業化・木づかいの町づくりに向けて」

沖 修司 (林野庁 次長)

【2】「我が国の経済成長に資する「林業復活」について」

赤間 哲 (三井物産(株) 環境・社会貢献部 社有林・環境基金室長、林業復活・森林再生を推進する国民会議 / 林業復活推進委員会 委員)

【3】「里山と都市をつなぐ木材の可能性」

中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長、銘建工業(株) 社長)

パネルディスカッション

<モデレーター>

高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

【高藪】ありがとうございました。それでは最後、4番目のマーケットとイノベーションというテーマに進みたいと思います。某省の事務次官の方から聞いたのですが、林業がなぜこんなに大事にされない産業であるのか。それは政治が日を当てないからだと役所のトップの方が言われたそうです。確かに、日本の農業GDPは8兆円で、登録従事者数が240万人。それに比べて林業は、木材生産額は2500億くらい。8兆円対2500億円の差です。それから登録従事者数が約5万人で、そのほとんどが65歳以上です。つまり、2500億円で5万人しかいない産業、しかも票にならないところに力は入れないと。その話を聞いてまさになるほどと思いました。それで同じ内容の話を多くの国会議員の先生方にしてきたのですが、みなさん、数字をご存じないのはもちろんのこと、林業の「り」の字も理解がないという方が大半でした。そんな状況ではあるのですが、冒頭に申しましたように、少しずつ風が吹くようになったことで、ややニュアンスは変わってきました。それで、本日のみなさんもおっしゃっているとおり、やはりマーケットを大きくしていかなくてはいけません。それも、国内も輸出も視野に入れながら、やらなくてはいけないというところまでは指摘が挙がるんです。さてそのマーケットの拡大に関して、先ほど山梨さんからお話があって、シンボリックに東京オリパラの国立競技場に木材を使うという象徴的なことをされようとしています。みんなでそれを応援するサポーターにならなきゃいけないと、私などは思っているわけですが。山梨さん、ちょっとその辺り、補足していただけますか。

【山梨】使うという宣言はできないのですが、使いたいという想いが国民にはあるはずだと思っています。先ほども言いましたように、木材は今復権しなかったら、我々が良いと思っている当たり前の感覚がなくなってしまう。そのためにはどうしても大きなイベントがいる。それがオリンピックなんです。そのなかで、どうしても私は民間の人間ですので、こういうきっかけをうまく活かすためには、トップダウン、行政からの政策的なものも必要ですが、やはり民の力も必要だと思うのです。そこで色々と考えたのが寄進ですね。昔、お寺をつくるときに、瓦の裏に1枚ずつ裏書きをして、みんなで寄進をして、お寺を支えた。ああいう意識がどうもオリンピックにはいるんじゃないかと。今なんとなくオリンピックというのは、東京の人はやれ予算がかかる何だって言って、シラケていますけど、地方に行くと、「東京、頑張らなきゃいけないですよね」ってすごく励まされるんですよ。私、役所の人間でもなんでもないのに(笑)。あの状況を見ていると、日本全国、つまり東京オリンピックというのは東京のオリンピックじゃなくて、東京が日本を支えるオリンピックなのだと思のです。木材というのは、25%はもとから東北にあったビジネスです。ですから東京オリンピックで木材を使うということは、25%の東北のビジネスを支えると同時に、残りの75%の全国の木材を支えるビジネスでもある。これほど日本の現状を支える象徴的なものはないわけで、これを何とか行政からの声のほかに、民間からの声を上げて、各都道府県の知事に、木材寄進、木材寄附という形で寄進・寄附を募ることをお願いする。おそらくこの周辺を見回しても、企業のロビーはどこも石張りなんですね。石張りが悪いわけではないですが、いくつかの企業が目覚めてくださって、企業のロビーが無垢の木張りできるとか、そういうものをいっそ流行にして時代を変えてしまいたい。そのチャンスがどうも2020年のオリンピックなんじゃないかと。普段こんなこと言っても、誰も聞いてくれないのですが、オリンピックにひっかけて言えば何百万人もの人が賛成してくれるだろうと思って、今日はそれだけを言いたくてここに来ました。

【高藪】オリパラの施設に関して、国立競技場以外にあとはどんなものが考えられますか?

【山梨】例えば、民間のマンションの低層部を選手村として使おうという話があります。例えばいま極端な話、数千万円のマンションでも億ションでもまったく内装は変わりません。みんなビニールや木をプリントした材料でできているのですが、これを機会に木質を活かしたものにする。さきほど木材会館の写真を見ていただきましたが、あれができた時に「マンションですか? 売ってください」という問い合わせがすごくありました。その時に思ったのが、木をたっぷり使った高級なマンションというのは日本で絶対に需要があるということ。選手村を皮切りに、ある低層部を木造化して、それを高級マンションとして再利用していくようなことができれば、単に上からの押し付けではなくてビジネスとしてWin-Winの関係ができるのではないかと。ですから選手村も狙っていますし、それからバスの停留所が何もスチールとガラスだけでつくる必要はないのではないか。このチャンスに木質化できないだろうかという話ですよね。先ほどあった話で和のテイストというのがありましたが、設計屋から言うと和のテイストを最も感じさせるのは、「現し」という言葉なんですね。木を露出させて使うというのは実は日本固有の文化なのです。仏教伝来してから天井という存在ができたのですが、それ以前の日本の建築には天井はありませんでした。ですから「現し」とうキーワードで、乱暴に言えばデザインはどうでもいい。ただ木を使った以上、それを現して、目に見えるかたちで見える化をして使うのが日本の伝統文化であり、それだけで和を感じると思うので、この機会になんとかそれをやりたい。クロスラミナもぜひ露出して使いたいという想いです。

【高藪】ありがとうございました。中島さん、先ほど話しに出ました、国交省の住宅局が手がける建築基準法について、再来年、CLTの使用に関してどのように変わるわけですか?

【中島】いまCLTはヨーロッパでは使われていますけど、最近はカナダ、アメリカでも使われるようになっています。そんななかで日本の建築の場合には、在来軸組構法といわれる伝統的な工法と2×4工法と丸太組工法があって、これらは法律的に告示されていて使えるわけなんですが、CLTにはまだそういった認定がなかったわけなのです。ですが、みなさんの努力もあって、日本農林規格が2年ほど前に言い出され、ものすごいスピードで今年施行されました。この後、3月の予算委員会の席で、総理大臣、国交大臣、農林大臣の3人が発言されて、平成28年度の早々には告示を出して変えると言われました。日程まで指定して宣言するというのはなかなかないことだろうと思いまして、水面下での林野庁さんの努力があってできたことだろうと思うのですが、これはえらく速いスピードです。その前段階で1年後くらいに、CLTの基準強度を策定しようという動きになってきています。基準強度というのは国交省の宣言事項でありまして、これが出てくれば、例えば床に使ってみようとか壁に使ってみようとか、計算上で部分使いができるようになるわけです。その後1年たったら告示があって変わるということで、ちょうど2020年のオリンピックに向けては構造的な使い方に関しても段取りができて、なんとかちゃんと間に合って、立派なものができるという方向で進んでいます。これは本当にオリンピックを念頭においた形でみなさん発言されているのかと思うくらいビックリしました。

【高藪】ありがとうございました。そろそろお時間となりました。4つのポイントについてずっと話を進めさせていただきました。概ね総括をさせていただきますと、国民の森林や林業に対しての関心・機運が明らかに高まってきた。マスコミにもお願いして、どんどん応援していただかなくてはいけない。それから一番肝心の政治における林業という産業に対する政策のプライオリティが明らかにアップしたのではないか。認知されつつある状況になってきたのではないかと思います。それから林野庁さんが中心になって言われているのですが、マーケットインの思想、新しい技術。そうした現状が本日話をさせていただいて、ゲストの方の話、基調講演、それからこのパネルディスカッションをとおして、新しい考え方、新しい風が今回の議論でよりクリアに見えるようになったのではないかと。会場のみなさんもそのようなことを共感していただき、ぜひ林業を応援していただきたいと思います。本日はこれでパネルディスカッションを終わりたいと思います。パネリストのみなさん、ありがとうございました。