『2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム』 ~林業復活と都市で拡げる木材利用~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・森林再生を推進する国民会議
共催/ (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、
経団連自然保護協議会、(一社)日本CLT協会、 (特)活木活木森ネットワーク
後援/林野庁

sympo20140730_001

近年、我が国の国土の7割を占める豊かな森林資源を活かした、地域経済の活性化・地域再生等への関心が高まりを見せています。さらに、木造で中高層建築物の建設が可能なCLT(直交集成板)等の技術開発が進む中で、新たに都市部での木材利用の可能性も拡がっています。

他方、国際的には2013年から木造建築物や木製家具等への炭素固定量が温室効果ガスの吸収源として計上されることになり、地球環境保全に向けた木材利用の役割も高まっています。

近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフスタイルが提案されています。

そこで、我が国では東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとともに、地球温暖化防止や生物多様性保全等の国際条約の目標年でもある2020年に向けて、産業界や行政、生活者等の幅広い関係者で、新たな森づくりの可能性について議論するシンポジウムを開催します。

主催者挨拶

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

槍田 松瑩 (三井物産(株) 取締役 会長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

基調報告

【1】「林業の成長産業化・木づかいの町づくりに向けて」

沖 修司 (林野庁 次長)

【2】「我が国の経済成長に資する「林業復活」について」

赤間 哲 (三井物産(株) 環境・社会貢献部 社有林・環境基金室長、林業復活・森林再生を推進する国民会議 / 林業復活推進委員会 委員)

【3】「里山と都市をつなぐ木材の可能性」

中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長、銘建工業(株) 社長)

パネルディスカッション

<モデレーター>

高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

sympo20140730_003

本日は、私どものシンポジウムにお越しいただきありがとうございます。今年は式年祭と遷宮が一緒に行われる60年に一度の年でした。それに合わせるかのように世の中でも木のブームが進んでいるような気がしています。

折しもリオ+20ではグリーンエコノミーというキーワードを掲げています。それを受けて、我々は次の世代をどう構築していくかという大きな課題を自らに課しました。

森林、林業、林産業については厳しい状況にあるとはいえ、この追い風に向かって大きく展開していく必要があります。「美しい森づくり」も立ち上げて10年近くが経ちますが、皆様のご協力により個人メンバー、フォレストサポーターズは4万人を超えて、ますます関心が高まっています。

本日は、テーマにあるように、グリーンエコノミーの大きなテーマの一つである木を使う社会に向かって、特に国産材等の利用の仕方、デザインの作り方、それを浸透させる社会の作り方といったところで議論をさせてもらえればと思っています。

本日最初は、東京造形大学の益田教授に基調講演をいただき、その後、環境デザイン等でデザインを中心に人間の行動までデザインしていく赤池さん、JAPICの高藪さん、さらには経団連等の皆様、最終的には三井物産の赤間さんからご報告をいただきながらパネルディスカッションへと移ってまいりたいと思います。

その中で、林野庁から末松広行林政部長に登場いただき、全体構造でグリーンエコノミーという社会やそれに向かう森林林業のありようを議論できればと思っています。忌憚のないご意見をいただきながら一緒に考えていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

本日は「2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム」のご盛会、心よりお喜び申し上げます。全国森林組合連合会会長の佐藤と申します。

私は、秋田県の奥羽山脈の真ん中で専業林家を継いで40年やっております。過去に大変良い時代も経験しましたけれども、今、一番苦労しております。林大臣にお会いするたびに申し上げていることなのですが、一番の山の問題、国土保全にも関わる問題です。立木価格が低すぎるため、山の健全な循環利用が完全に壊れてしまいました。木材材価にも、製品価格、素材価格など、いろいろとあるのですが、山に生えている木の価格、立木価格が非常に低いために、林業の採算が成り立たず、木が伐られないのです。林業の目的は、植えて育てて、最終的には伐って収益を上げることのはずなのですが、それが成り立たないものですから、伐れないのです。伐っても植えられない。これが今の山の現状、大きな問題なのです。

さらに2つ、3つの問題があるのです。例えば、森林の境界、所有者がわからなくなってきている問題。それから、国の方針として主伐・再造林が打ち出されましたが、苗木の供給体制が細ってしまっている。苗木生産者が仕事にならないということでピーク時の10分の1に減ってしまいました。これも大きな問題です。このように問題を挙げればきりがないのですが、資源小国といわれるわが国で再生可能な資源というのは山だけなのです。ですからこれまで育ててきた木材資源を使い尽くすのではなく、30年後、50年後の木材資源をいま植林しなければなりません。総力をあげて再造林を進め、将来の山の循環を準備しなくてはいけません。将来の木材資源を準備するために、いま造林を進めなければなりません。そのためには、先ほど大臣からもお話がありましたように、木を使うということなんですね。国産材を使うことで初めて循環が出てくるわけですから、これからはとにかく国産材の利用拡大に、国とともに私ども森林組合もがんばっていきたいと思います。

先月24日、政府は骨太の方針を閣議決定しました。農林水産省では「農林水産業・地域の活力創造プラン」を改訂しました。CLTという新しい技術開発もされて、国産材の需要拡大に向けて非常にいい動きが出てきています。ですから、これからもみなさんで拍車をかけて、木を使っていこう、木でできるものは何でも木で代替していこうと、そういう1つの大きなきっかけがこの場から生まれれば本当にうれしく思います。

今日の企画をしていただいたみなさま方に心よりお礼を申しあげまして挨拶といたします。ありがとうございました。

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

全国木材組合連合会の吉条と申します。本日は林農林水産大臣のご臨席をいただき誠にありがとうございます。「美しい森づくり全国推進会議」と「林業・復活森林再生を推進する国民会議」の主催によるシンポジウムが大勢のみなさま方のご参集により、このように盛大に開催されていますことを心よりお喜びを申し上げます。

木材業界に携わるものとして、多くのみなさま方が日本の森林、林業問題に関心を持っていただいていることを大変ありがたく存じております。日本の森林、林業、木材産業を取り巻く状況、とりわけ木材産業、木材利用をめぐる状況は大きく変化をしてきています。森林林業、木材産業に力強い追い風が、なかでも木材利用の促進に大きなチャンスが巡ってきていると実感しています。

かつて木材を使うことは、森林の伐採による自然破壊につながるといった批判的な見方がありました。今日、地球環境問題が世界共通の喫緊の課題として取り上げられるなか、再利用・再生産が可能な省エネ資源である木材を使うことは、二酸化炭素の吸収源である森林の活性化に役立つとともに、二酸化炭素の固定・蓄蔵による地球温暖化の防止、低炭素社会の形成に大きく貢献しているという認識が広がっています。こうした状況を背景に公共建築物等木材利用促進法の施行、木材利用ポイントの導入、地域型住宅ブランド化事業など、国民的な支援を受け、木材利用促進の施策が打ち出されております。また地域の経済を再生するうえでも、身近にある資源を有効に活用する林業の活性化、成長産業化を期待する声が広く聞かれます。戦後の復興から地域のみなさま方のご尽力により植林された森林が今、収穫期を迎えていますが、一方でその森林が林業の衰退により荒廃の危機に瀕しています。森林・林業の活性化のためには、生育した森林資源を活用していくことが避けられない課題であります。そのためにも我々がしっかりと木材利用の課題に取り組んでいかなければなりません。我々、木材業界では、住宅、公共建築などへの木材利用の推進にとどまらず、大都市の民間施設への木材利用など、これまで取り組みの薄かった分野にも木材利用を拡大するための働きかけを強めていこうと考えているところであります。

川上のみなさまと我々、木材業界関係者が力を合わせ、本日お集まりのみなさまの後押しをいただき、新しい流れを作りだすことができると期待しております。本日の会議の経緯として、日本の森林・林業・木材産業の活性化、新たな動きが始まることを期待するとともに、みなさまのご健勝を心からご祈念を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。