『2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム』 ~林業復活と都市で拡げる木材利用~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・森林再生を推進する国民会議
共催/ (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、
経団連自然保護協議会、(一社)日本CLT協会、 (特)活木活木森ネットワーク
後援/林野庁

sympo20140730_001

近年、我が国の国土の7割を占める豊かな森林資源を活かした、地域経済の活性化・地域再生等への関心が高まりを見せています。さらに、木造で中高層建築物の建設が可能なCLT(直交集成板)等の技術開発が進む中で、新たに都市部での木材利用の可能性も拡がっています。

他方、国際的には2013年から木造建築物や木製家具等への炭素固定量が温室効果ガスの吸収源として計上されることになり、地球環境保全に向けた木材利用の役割も高まっています。

近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフスタイルが提案されています。

そこで、我が国では東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとともに、地球温暖化防止や生物多様性保全等の国際条約の目標年でもある2020年に向けて、産業界や行政、生活者等の幅広い関係者で、新たな森づくりの可能性について議論するシンポジウムを開催します。

主催者挨拶

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

槍田 松瑩 (三井物産(株) 取締役 会長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

基調報告

【1】「林業の成長産業化・木づかいの町づくりに向けて」

沖 修司 (林野庁 次長)

【2】「我が国の経済成長に資する「林業復活」について」

赤間 哲 (三井物産(株) 環境・社会貢献部 社有林・環境基金室長、林業復活・森林再生を推進する国民会議 / 林業復活推進委員会 委員)

【3】「里山と都市をつなぐ木材の可能性」

中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長、銘建工業(株) 社長)

パネルディスカッション

<モデレーター>

高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

基調報告【3】

里山と都市をつなぐ木材の可能性

中島 浩一郎 (一般社団法人日本CLT協会会長、銘建工業株式会社社長)

CLT協会の中島です。新しい木材が出てきたということで、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、今日はその話を中心にさせていただきます。本当に、都市と山村がいろんな意味で繋がっていないといいますか、過疎と過密は本来同じことなのですが、過密の方がものすごいスピードで進んでいますので、何とかそれを、木材を通して繋げていきたいと考えています。

これは2年ほど前にシベリアで撮った写真です。見渡す限り、天然林がずっと広がっているわけです。

sympo20140730_025

ここ、ちょっと写真では見づらいのですが、木くずを捨てていましてね、ざっと見ても10万トン以上ある。シベリアには木材はあるし、電気、水もかなり自由にあるので加工はできるんです。ところが製材してチップを作ったとてしても、製紙工場は800キロメートル先にあると。トラックで持っていこうとしても燃料代だけで終わってしまいます。それからヨーロッパでは暖房にペレットがよく使われるのですが、シベリアには人があまり住んでいないので、地元での消費は少ないんです。そうなると遠隔地に売りに行こうとするのですが、サンクトペテルブルクまでは鉄道で約4000キロメートル。これも運賃だけで終わってしまいます。つまり何が言いたいかというと、資源があるということは非常に大事なことなんですが、地域内に需要や消費がなければまったく活きてこないんです。日本でも「我が町には森林がたくさんあります」と話す町長さん、たくさんいますが、それよりもどうやって使うんだと。それができない限り、山、森は資源でも何でもありません。

シベリアの話が他人事かというと、決してそうではありません。日本でも、木材を伐採する時に出た枝や曲がった木、使い物にならない木は森に捨てられています。たとえば、私どもの真庭市では1万キロワットの発電所を来年4月から稼働しますが、木くずや間伐材が10万トンもあれば、1年間、約5万人弱の一般家庭用電気をすべてまかなうことができます。シベリアにはこういった仕組みができていないものですから、無駄な山が10も20も放置されている。ですから、本気で木を活かす仕組みが必要になってくるわけです。

sympo20140730_026

その1つの方法、新たな用途になり得る素材がCLTです。木材には変わらないので、その性格が大きく異なることはないのですが、これはクロス・ラミネイティド・ティンバーといって、木のパネルを縦横に貼り合わせていきます。そうすると、これまで木材では不可能だった大きな板面、現在、作っているものですと、長さ6メートル、幅2.7メートル、厚さ30センチほどの大きさのものができあがります。これを使うことで、さまざまな建築物が木材で作れるようになるのです。

さらにCLTは、非常に強度にも優れています。2012年には、つくば市にある防災科学技術研究所で振動台実験を行いました。

sympo20140730_027

3階建ての建物に5階建て相当の荷重をかけ、阪神・淡路大震災クラスの強さで揺らしたところ、まったくびくともしませんでした。公開試験で100名近くの人が見ていたのですが、壊れないのではちっとも面白くないんです(笑)。目的は耐えられる強度を測ることですから、壊れないことには測れないんですね。そこで地震波をどんどん増幅させていったのですが、国交省の担当者が途中でストップをかけました。屋上に載せた荷重用の鉄の重りが揺れで飛んでしまったら、実験場自体を壊してしまう恐れがあったからです。それくらい揺れには強いことが明らかになったので、翌年は建物の横から力を加える加力実験を行いました。これは巨大なシリンダーで建物を左側から強制的に押して、倒壊させようという実験です。実験は夕方くらいまでには終えるつもりで、土曜日の午後1時過ぎにスタートしました。ところがまったく壊れない(笑)。力をかけている時、建物は歪むのですが、シリンダーを戻すと元に戻ってしまうんです。何度やっても。結局、完全には壊れないまま、最終的に実験をやめようとなったのが次の日の午前2時過ぎでした。最近、イタリアでは6階建て、7階建てのCLT建築がバンバン建っているのですが、そんなイタリアは日本と同様、地震国です。地震にも圧倒的に強いということで、イタリアの専門家は「CLTを使えば生命だけでなく、財産すべてを守れる」という言い方をされているのですが、まさにその通りだろうと思っています。

それから、CLTは燃えにくいとありますが、もっと言えば燃え広がりにくいということなんです。木材は紙のようにペラペラだとすぐに燃えてしまいます。ですが、厚みを持ったCLTのような木材は、1分間に燃える速度が計算できる。用いられる樹種によっても多少異なりますが、大体0.7とか0.8ミリメートルとかが相場です。1分で0.7ミリメートルとすると10分間では7ミリメートル。100分燃えても70ミリメートルです。ということは、壁の厚みが25~30センチメートルはありますから、それが7センチ燃えたところでまったく構造には影響しません。これは実際の写真です。

sympo20140730_028

左側は1210度で燃えていて、その反対側に人が寄りかかっています。熱をまったく伝えませんから、寄りかかっていても熱くも何ともない。しかも、燃やし始めて60分経っている状況でこれです。ですからパラドックスな話ですが、木は燃えるけれども燃え広がらない。燃える速度は計算できる。計算できるというのはすごく大事な話で。次の写真はドイツでやった実験で、実際にビルを燃やしています。

sympo20140730_029

ある部屋に火を付けてから、70分、80分経っているところだと思うんですが、燃えている隣の部屋はで温度がまったく変わっていないんですね。ということは、その間に避難が十分できるんです。鉄の場合、700度を超えるとゆがんできて、建物が倒壊する恐れがあるのですが、CLTはこのように燃え広がりにくいという性質を持っています。

そしてCLTは木材ですから当然軽いです。大体コンクリートと比べると5分の1以下の比重です。

sympo20140730_030

これはイギリスにある8階建ての建物ですが、総重量は鉄筋コンクリートで建てた場合に比べて62%も軽い。たった38%の軽さでこの建物が構成できるんです。軽いということは、基礎部分に対する負担も減ります。減った負担がそのままコストに転嫁できるわけではないですが、このビルのケースでは、基礎工事費用が通常よりも25%安くなったそうです。この軽さというのは21世紀のテーマであると思います。輸送する際にも軽いということは大変に有利です。このように、木材は昔から使われている材料ですけれども、強さ、軽さを備えた非常に優れた素材なのです。

もう1つ、CLTは施工が本当に早くできます。これは外国の写真なんですが、こういった大きなパネルを吊って、重ねて作っていきます。

sympo20140730_031

組積造というのは、これまで日本では存在しなかったと思うのですが、CLTが認められると、初めて積んでいくという工法が可能になるわけです。

施工中の写真は、国交大臣の特別な許可を得て、日本で初めてCLTを構造躯体として使用した「高知おおとよ製材」の社員寮です。先ほどの沖さんの講演でも完成図が出ていましたね。3階建ての建物なんですけれども、CLTの施工日数はわずか2日間で完成しました。これにはみなさんビックリされます。コンクリートの場合、早くてもひと月はかかりますが、CLTですとケタ違いのスピードが実現できるわけです。現在の基準では、外壁に木をあらわした構造は認められていないために塗り壁にしていますが、技術的には、外壁を燃えしろ設計することもできるはずで、木をあらわしながらでも使えるようになったらと思っています。

それからこれはヨーロッパの例で、そのまま日本で実現できるかはわかりませんが、7階建て、8階建て、メルボルンではいま10階建てぐらいまでのビルが建っています。今年はバンクーバーで、12階、13階のビルが建つような話も聞いています。このCLT建築の接合部には、長いビスが使われていて、単純かつ長持ちする構造で、これによって現場の負担が大変少なくなります。

sympo20140730_032

先ほど、片側が1200度で燃えていて、その逆側に寄りかかっているという写真を見ていただきましたが、熱くならないということは、木材の熱伝導が悪いということを意味しています。それは木材が組織の中に空気をたくさん含んでいることの裏返しなのですが、コンクリートの12分の1、鉄の1000分の1の熱伝導率ということで、断熱材などと一緒に使えば、非常に省エネ性能に優れた住宅、建物をつくることができる。そういったものにもCLTは向いているというわけです。

sympo20140730_033

このCLTは、1995年くらいからヨーロッパで実験が始まり、2000年に入って、実際に使われ出しました。1990年代、ヨーロッパでは、伝統的な建築などは除き、3階建て以上の木造建築は原則禁止されていました。それが2000年になると、少しずつ3階建て、4階建ての建物が増えだしました。国によっても違いますが、現在は多くの国で、5階建て以上の木造建築が許可されるようになっています。

多くの方々は、ヨーロッパは石の文化、それに対して日本は木の文化だというような理解があると思います。しかし、昨年末に出た『木材と文明』という本では、ヨーロッパは木材の文明だったという、驚きの内容が語られています。シェイクスピアの時代、日本では江戸時代の初期ですけれども、ロンドンの街はすべてほとんどが木造でした。ところが1666年に大きな火事が起きて、ロンドンでは街の85%が焼失してしまったのです。その後、街の復旧に石が使われ、復興や都市化が進むに従って、燃料としての木の需要が高くなっていったことで、木造建築は姿を消すことになりました。それが最近になって、「ヨーロッパこそが木造の本流である」ということが言われはじめた。こうした歴史の背景があって、さらに日本と同様、第二次世界大戦後に植えられた木が十分に育ってきたことで、木の価値が見直され始めたんですね。もともと木は、身近にあって、耐久性はあるし、生活環境にも潤いを与えてくれるということで、人間にとっては大変なじみのよい素材です。こうした面が再評価され、「新しいルネッサンス」なんて書かれていますけど、ヨーロッパでも木を使おうという動きが本格的化しています。

我々も、そのヨーロッパの人たちも、いろいろな意味で木を使おうということで着手しているわけで、必ず実現できる。できないわけがないという結論で話を終えたいと思います。1961年の5月25日に、今後10年以内に人間を月に着陸させると宣言した人がいます。ご存知、ロバート・ケネディ大統領です。このケネディ大統領の言葉、その時点では、何の根拠も見込みもない発言だったと言われています。当時のアメリカは、宇宙開発で、ソ連に完全に後れを取っていたためライバルのソ連が次々と宇宙開発に乗り出したものだから、このままでは格好がつかないということで言ってしまった。ところが宣言したらですね、NASAにどんどんと優秀な若い研究者が集まってきて、月に行くぞという話で盛り上がるわけです。その結果、宣言通り1969年7月20日、人類初の月面着陸が実現しました。本当に10年かかっていません。

私たちの取り組みと、月に行くという話。どちらが簡単かということではないのですが、木材をどんどん使っていけば、森にもどんどんと投資もできて、新たな植林ができる。この循環ができれば、本当にいろいろなことが変わってくるわけです。現在、木材の成長度は1年間に1億8000万立方メートルといわれています。一方で、伐採している木材は3800万立方メートル。4分の1も切っていません。我々はもっともっと木を使う必要があります。 木の新しい使い方として、ビルにも使えるようなCLTもできています。それから新しい燃料の使い道、エネルギーの使い方、これも技術革新できるだろうと思っています。その一方で、薪はいまヨーロッパで非常に重宝されていまして、出井代表の別荘は薪ストーブですか? 炎を楽しむというのは本当に豊かな文化で、ワインともピッタリだと言われていますけども。生活文化を楽しむということも含め、木材がいろいろな生活の局面で使われることによって、我々の生活は前に進む。そう考えます。

真庭市では来年4月から1万キロワットの発電所が稼働します。未利用材や端材などの燃料購入費として、年間に13億円、地域の山や製材所に支払うことを想定しています。13億円のうち約10億は人件費。田舎にとって10億円の人件費は大変大きなものです。そういったことがエネルギー資源やCLTを使えばどんどんできる。木材には、月に行くのと同じくらいの希望があるぞということで、私の話を終わりたいと思います。ありがとうございました。