『2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム』 ~林業復活と都市で拡げる木材利用~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・森林再生を推進する国民会議
共催/ (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、
経団連自然保護協議会、(一社)日本CLT協会、 (特)活木活木森ネットワーク
後援/林野庁

sympo20140730_001

近年、我が国の国土の7割を占める豊かな森林資源を活かした、地域経済の活性化・地域再生等への関心が高まりを見せています。さらに、木造で中高層建築物の建設が可能なCLT(直交集成板)等の技術開発が進む中で、新たに都市部での木材利用の可能性も拡がっています。

他方、国際的には2013年から木造建築物や木製家具等への炭素固定量が温室効果ガスの吸収源として計上されることになり、地球環境保全に向けた木材利用の役割も高まっています。

近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフスタイルが提案されています。

そこで、我が国では東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとともに、地球温暖化防止や生物多様性保全等の国際条約の目標年でもある2020年に向けて、産業界や行政、生活者等の幅広い関係者で、新たな森づくりの可能性について議論するシンポジウムを開催します。

主催者挨拶

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

槍田 松瑩 (三井物産(株) 取締役 会長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

基調報告

【1】「林業の成長産業化・木づかいの町づくりに向けて」

沖 修司 (林野庁 次長)

【2】「我が国の経済成長に資する「林業復活」について」

赤間 哲 (三井物産(株) 環境・社会貢献部 社有林・環境基金室長、林業復活・森林再生を推進する国民会議 / 林業復活推進委員会 委員)

【3】「里山と都市をつなぐ木材の可能性」

中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長、銘建工業(株) 社長)

パネルディスカッション

<モデレーター>

高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

パネルディスカッション

2020年に向かう、新たな森づくり~林業復活と都市で拡げる木材利用~

<モデレーター>
高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

<講評>
出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

sympo20140730_034

【高藪】先ほどからこの会場で舞台を見ていたんですが、来賓の方、あるいは基調講演を含めて、私の頭のなかにある、知る限りの、現在の森林問題や林業問題の、ありとあらゆるキーワードがすべて出てしまって、正直、何をしたらよいのか、わからなくなっています(笑)。そんな気分ですが、基調講演をしたお2人、本郷さん含めて、みなさんプロの方がそろっておりますから、せっかくですので、そういう話をぜひお聞きしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。まずはパネリストの方に2分程度自己紹介をしていただきます。では本郷さんからお願いいます。

【本郷】林野庁で森林整備部長をしております本郷です。これまで、いろいろなことを仕事でやってきました。ただし、木材の利用や木材産業というところの行政にほとんど携わったことがほとんどなく、いわゆる造林屋と言われている人間です。近年、木材をなんとか使っていこうという機運が高まっており、頑張っていきたいと思っているところではありますが、マーケットを大きくするという観点で先日、非常にショックなことがありました。シンポジウムで福岡に行ったのですが、九州大の先生の報告で、木材でできた部屋と、見た目は木だけどビニールを貼った部屋の両方で、学生にいろいろな作業をさせて比較をしたのだそうです。疲れの回復度合いなどを測ると、明らかに木の部屋の方が体にはいいという結果が出ているのですが、学生たちは「ビニールの部屋の方がいい」と言うのだそうです。木の部屋の何が嫌なのかというと、匂いが嫌だと。こう話す学生は決して1人だけではなく、明らかな有意差があって、ビニールの部屋を選ぶという調査結果が出たということです。マーケットを大きくするということは将来の消費者を増やさなくてはいけないということで、「木育」に取り組んでいる国土緑化推進機構さんや、その他木材関係の団体の方々には、ぜひ頑張って将来の消費者を作っていただきたいと思います。

sympo20140730_035

【南沢】普段は女優の仕事をしている南沢奈央です。昨年より、フォレストサポーターズに参加させていただいております。私は木の香りがすごく好きで、ドラマの撮影現場にも木で作られたうちわを持参しています。撮影の合間にそれであおぐと、涼しいし、木の香りもして、とても癒されるんですね。そしてこの会場に入った時も「木の香りがするなぁ、落ち着くなぁ」というのをすごく感じました。いまは東京に住んでいて、森を身近に感じる機会は少ないのですが、もともとは埼玉出身ということもあって、木が好きだなという想いはずっと持っていました。その豊かな森や木を守っていくために、私もなにか手助けができたらなと思って、フォレストサポーターズに参加させていただきました。今日は生活者の目線として、未熟ながら意見させていただきます。よろしくお願いします。

【山梨】日建設計の山梨と申します。図体だけは日本で一番大きい、設計事務所の人間なのですが、職業は建築家、いわゆる建築のデザインをやっています。ビルばかり作っている人間が何で木のイベントに出てきたんだろうと、いぶかしがっている方もいらっしゃると思いますが、後ほどプレゼンテーションをさせていただき、問題提起の中で詳しくその経緯をご説明させていただこうと思います。よろしくお願いします。

【中島】日本CLT協会の会長をやっています中島です。このCLT協会は、昨年の今頃はまったくの任意団体で、3社で活動していました。今年の4月に一般社団法人化して、会員を募集したところ、びっくりすることにいま現在、160社もの方々に入会いただいています。その顔ぶれも、ゼネコンや住宅メーカー、地域の工務店、製材所、山林関係者、行政関係者と非常に幅広く、そういう意味では、昨年とはまったく世界が変わってきているという状況です。それから仕事としては、製材業を中心に集成材を作っています。熊本と高知でも、関連会社で製材をどんどんやっていこうと。そして「木をまるごと大事に使え」と言いたい想いでいっぱいです。よろしくお願いします。

【赤間】三井物産環境・社会貢献部社有林・環境基金室というところで日夜、林業・木材産業に取り組んでいる赤間と申します。弊社は、日本全国に約4万4千ヘクタールの森林を保有しています。明治時代から山を保有していて、そこで林業を続けている会社です。昭和40年代くらいまでは、会社の中でもかなりの収益を上げられる部門だったのですが、それ以降はみなさんご存知のとおり、なかなか収益が上げられずに、非常に会社のお荷物だったという時代があります。ところが弊社の場合、社有林・林業は事業部ではなく、環境・社会貢献部というところに置かれています。膨大な森林を、公益的な価値を持つ重要な資産として位置づけており、原則、この社有林は会社が続く限り取り組んでいくんだ、長期に保有するんだという方針のもと、林業を通じて環境保全を実現していくことを標榜しているというわけです。今日はよろしくお願いします。

【高藪】パネリストのみなさま、ありがとうございました。どうぞよろしくお願いします。お聞きのとおり、プロフェッショナルな方が5名そろっておられます。そのなかにお一人だけフォレストサポーターズということで、5人のなかではちょっと異色の、女優の方がどうしてここにいるのか。みなさん、おそらくその説明を聞きたいと思うので、南沢さん一言お願いできますか。

【南沢】先ほどもお話しましたように、まず木が好きだという想いがあって、でもそれって何でだろうと考えたところ、私の祖父がずっと大工をやっていたんですね。おじいちゃんの家に遊びに行くと木材がたくさんあったり、夏休みの自由研究で木を使って工作できるという環境が、ごく身近にあったという要因が大きいのではないかと感じます。女優の仕事をしながらも、環境問題や森林にもすごく興味を持っていて、実際、山梨県の森にも見学に行かせていただき、森の現状も目の当たりにしました。そういった状況を見て、知ったことで、より多くの人に森づくりの現場や、森のいまを伝えていきたいという気持ちが強くなり、フォレストサポーターズとして活動させていただいています。

【高藪】ありがとうございました。ぜひ生活者の立場から、いろいろ語っていただきたいと思います。先ほど申しましたように、ありとあらゆるキーワードが出て、話のネタが切れてしまったような気もするのですが、一応、コーディネーターとして今日は4つのポイントに絞って話を進めさせていただきたいと思います。それが順繰りに出てきますので、もしよろしければメモを取っていただければありがたいです。

まず第1点は、森林・林業に対する関心、あるいは感じる空気についてです。というのも、近頃、林業男子、林業女子といった言葉が、新聞、テレビ等のマスコミに取り上げられたり、あるいは林業が映画・小説のテーマとして取り上げられるようになった。こういったシンポジウムもいろいろな場所で開かれるようになっています。一頃に比べて明らかに、林業や森林という問題が、我が国のなかで、大きな空気として流れるようになっていることを強く感じるわけです。ですから最初に、みなさんにもどうしてそんな風になったと思うかを考えていただきたい。それから私どもは、非常に偉そうな言葉で言うと、今日も基調講演などであったような話を、国民の方々にどんどん啓発していかなくてはいけません。あるいは政治家の方々にもっともっと理解をしていただかないといけない。そういう宿題も持っているのではないかと思うのです。そのようなことを一番目にお願いしたいと思います。

2つ目は、先ほど赤間さんに基調講演でもお話いただいた成長戦略についてです。強調されていたように、政府の大きな政策基本案のなかで、林業という言葉が取り上げられた。これは歴史的なことです。戦後数十年以上も続いてきた問題について、ようやく解決の糸口が見えてきたというわけです。それをこれから、どのように育んでいったらいいのか、拡大していったら良いのかということについて、ぜひみなさまの考えをお聞きしたいと思います。

3つ目は、これからの政治の話で「地方創生」についてです。ご案内の通り、9月の上旬には地方創生本部長に安部総理が就任され、特命大臣として担当閣僚が就くことになります。地域の活性化、あるいは地域の雇用、地域の産業というものに力を入れていく。これは来たるべき人口減少をにらみながら、将来の問題に大きく関わる部署です。そんななか、この地方創生と、林業問題、林業の産業問題を、我々としてはどのように結びつけて考えていったらいいのか。それをぜひパネリストのみなさんにも考えてお話をいただきたいというのが3つ目です。

最後の4つ目は、マーケットとイノベーションについて。プロダクトアウト、つまり林業の問題はとかく山の管理、あるいは供給サイドの話が中心になりがちですが、今日のこれまでの話でも強調されているように、需要の拡大、「木は切って使う」といったキーワードが出ております。マーケットについては今日の話にはあまり出なかったのですが、やはり輸出ということを視野に入れながら、1つの経済学として捉えた産業にしていかなくてはいけないと考えています。そのマーケットをどのように考えていったらよいのか。あるいはオリンピックというチャンスをとらまえて、どうしていったらよいのかという視点。それからイノベーション。これはCLTの話になります。中島会長の話にもあったように、会員も増えており、非常に協会が盛り上がっているなか、CLTをさらにどのように進化させていったらいいのか、あるいは法的な問題をどのように解決していったらいいのか。

以上、4点に絞って話を進めていきたいと思います。まずは冒頭に申しました、空気の話なのですが、どうしてこんな風に林業が、あるいは森林問題が大きな話題に挙がるようになったのか。非常にうれしい悲鳴ではあるんですけど。本郷さんから順番に聞いていきたいと思います。

【本郷】林野庁の政策で「緑の雇用」という事業をやっています。ここに応募する方で、私の知っている限りでは、「自然のなかで仕事がしたい」ということで林業に転職しようという方がかなりいらっしゃいます。何が言いたいかというと、養老孟司先生が「人間の脳みそは秩序を求めるので都市に住みたがる」ということを言っていらっしゃいますが、一方で我々のDNAのどこかには、このコンクリートのジャングルには住んではいられないという本能が残っていて、自然の中や自然に囲まれた中で暮らしたい、仕事がしたい、コンクリートジャングルの中にいるのは嫌だというような気持ちがあるのではないかというのが、この空気の原因ではないかと。あまりに人間が密集しているのは不快ですし、そういうことではないかなと私自身は思っています。

【南沢】木で作られた製品という観点で言うと、最近の女性は健康志向、体に良いものを求める人がすごく増えていて、価格よりも品質を重視するという傾向にあるのではないでしょうか。なかでも木の製品には、安全なイメージや温かみを感じるので、手に取る人が増えていて、見直されているのかなと。あとは森に行くとリフレッシュできるというのは、結構、誰しもが感じることだと思うんですが、実際、都会にいる時よりも森林にいる時の方が、ストレスホルモンは少ないということが科学的にも証明されていると聞きました。きっとそういった感覚を、みなさんそれぞれが体で感じ始めたからこそ、森が注目され始めているのかなという風に思います。

【山梨】急成長した日本が成熟した社会を迎え、多くの人がホッと一息つきたいと思うようになりました。それは技術だけではできなくて、技術と何かとの調和が必要となる。それは何かといえば素材なんですね。カレンダーを見ると、月曜日から日曜日までありますが、木(き)、土(つち)、水(みず)、それらはすべて建築を作っている根本の材料でして、それらが原点として見直されたんじゃないかなと。建築をデザインしていて強く感じています。

【中島】岡山の真庭という、あまりにも森のど真ん中にいるものですから、その辺の空気がよくわからないのですが(笑)。真庭の観光連盟が行っているバイオマスツアーに、いま年間2000人を超える人が訪れていて、(当社の)総務の人間は、ツアーの案内係じゃないかというくらい、毎日のように対応に追われている状況です。我々にとってはごく当たり前の光景が、参加した人たちには新鮮に写っているようで、そのことに非常にビックリしています。木は昔から使われている馴染み深い素材ですが、活用の可能性が無限にある新しい素材ともいえるのです。

【赤間】空気ということで言いますと、非常に象徴的だったのが、先週の土曜日の日経新聞の2面。そこには「日本、木材大国への道」という記事が掲載されていました。日本は木材産業の大国を目指すんだというテーマを、日経新聞が書いているということを目にして、いわゆる林業、木材産業というものが、完全に経済を構成する一つの大きな要素として認められるようになったのだと感じました。そのもとになった理由を考えると、昨今の気候変動と森林とは、切っても切れない関係にあります。インドネシアやマレーシアなどの東南アジアや、ブラジルを中心に広がる熱帯雨林。これは一回切ってしまうと二度と再生しません。地球を作り直さない限り、熱帯雨林というのはもとには戻らないんです。生物多様性の宝庫である熱帯雨林の木は絶対に切って使ってはいけない。しかし、貧しい暮らしをしている人々が、その森林資源でもってなんとか食いつないでいるということ。そしてこの気候変動を考えた時、人々は否応なしに木材と真剣に向き合う必要が出てきたのではないかと。では日本の木材はどうなのかということで、今世紀に入って日本の森林は非常に注目されたのですが、実際、環境保全のために間伐はしたのはいいのだけど、その間伐した木材はどうなっているのか。切り捨て間伐といって、現地に捨てているわけなんですね。これではとても持続可能な姿にはならないわけです。そして我々が忘れてはいけないのが、2011年3月11日の東日本大震災です。その時を境に、日本人の多くが持続可能性ということについて痛いほど感じたのだと思います。こうしたことが契機となって、木材産業の川上を支える林業に、一般のみなさんの関心が向いてきたのではないかと思っています。再生可能エネルギーの固定買取制度や木材利用ポイントなど、政府からのさまざまな後押しがあったことも忘れてはいけませんが、やはり震災を機に、我々一人ひとりが持続可能な暮らしとはどういうことなのかということに目を向け始めた。その暮らしを支える重要な要素の1つとして、林業に脚光が寄せられるようになったのではと感じています。

【高藪】ありがとうございました。空気はそんな感じで流れているのですが、さきほど中島さんがおっしゃったように、製品にするまでには60年もかかるし、切っても赤字なので切らない。これでは国をあげての経済学にならないので、そこをなんとかしないといけない。空気だけではなくて、実際に国の経営にしていかなくてはいけないと感じます。