『2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム』 ~林業復活と都市で拡げる木材利用~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・森林再生を推進する国民会議
共催/ (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、
経団連自然保護協議会、(一社)日本CLT協会、 (特)活木活木森ネットワーク
後援/林野庁

sympo20140730_001

近年、我が国の国土の7割を占める豊かな森林資源を活かした、地域経済の活性化・地域再生等への関心が高まりを見せています。さらに、木造で中高層建築物の建設が可能なCLT(直交集成板)等の技術開発が進む中で、新たに都市部での木材利用の可能性も拡がっています。

他方、国際的には2013年から木造建築物や木製家具等への炭素固定量が温室効果ガスの吸収源として計上されることになり、地球環境保全に向けた木材利用の役割も高まっています。

近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフスタイルが提案されています。

そこで、我が国では東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとともに、地球温暖化防止や生物多様性保全等の国際条約の目標年でもある2020年に向けて、産業界や行政、生活者等の幅広い関係者で、新たな森づくりの可能性について議論するシンポジウムを開催します。

主催者挨拶

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

槍田 松瑩 (三井物産(株) 取締役 会長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

基調報告

【1】「林業の成長産業化・木づかいの町づくりに向けて」

沖 修司 (林野庁 次長)

【2】「我が国の経済成長に資する「林業復活」について」

赤間 哲 (三井物産(株) 環境・社会貢献部 社有林・環境基金室長、林業復活・森林再生を推進する国民会議 / 林業復活推進委員会 委員)

【3】「里山と都市をつなぐ木材の可能性」

中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長、銘建工業(株) 社長)

パネルディスカッション

<モデレーター>

高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

みなさまにお詫びがあります。本来、パネラーの方々の自己紹介のあとに、日建設計の山梨さんから話題提供のプレゼンテーションを行っていただく予定になっていたのを、先に進めてしまいました。順序が逆になってしまい大変申し訳ないのですが、これから山梨さんに話題提供をしていただきます。よろしくお願いいたします。

【山梨】逆に忘れていただいていて良かったのかもしれません(笑)。というのも木材と3.11がつながるのではないかというのが今日の私の話なんですね。本日は、都市建築と木材の関係について問題提起をしていきたいと思います。

sympo20140730_036

最初に日建設計をご存じない方もいらっしゃると思いますので説明をさせてください。いわゆる組織設計事務所で多くの都市建築を手がけています。例えば、三井物産さんの本社も私どもで設計させていただいていますし、その近くにある三井住友銀行さんの本店も私自身が担当させていただきました。そういった大型建築をやっております。また、東京タワーや東京スカイツリーといったかなり大型で、東京の都市空間に大きな影響を与える建築にも携わらせていただいている設計事務所です。

sympo20140730_037

私は設計部門の代表として、都市のデザインを行う立場なのですが、最近では大崎にあるソニーシティ大崎の設計を担当させていただきました。これがソニーシティ大崎の外観です。実はこれ、土の建築です。夏場に大量に降る雨を陶器でできた手すりに流して、手すりから雨水を蒸発させている。何でそんなことをやるのかというと、気化熱を使って、ビルを冷やしてしまおうと。地表面からだと2度、ビルの表面温度はなんと12度下がります。つまりエネルギーを使わないでヒートアイランドを抑制できる画期的なビルなのです。

sympo20140730_038

これまで必要悪とみなされていた都市の大型建築を、少しでも社会に貢献できる存在にすべく目指すことが私どもの仕事の骨子だと思っているのですが、幸いなことにこのソニーシティ大崎ではその先進性を認められて、日本建築学会の作品賞をいただくことができました。

sympo20140730_039

さてここからが本論です。私たちからの問題提起は、都市の大型建築と木材の関係。より端的に言えば建築における木材の危機についてです。2009年に私はこの木材会館という、伝統的な尺貫法で製材されたヒノキをかなりふんだんに用いたオフィスビルを設計させていただきました。新木場に建っているので、すでに木材関係のみなさまにはすでにご覧になっている方も多いかと思います。ここでのテーマがまさに都市建築における木材の危機でした。なんとかしてこの危機を都市建築における木材の復権へと転換できないだろうか。それがデザインのテーマでありました。きっかけは外国人留学生の一言でした。「日本には木材建築の長い伝統があると聞いたが、実際に来てみると何もないじゃないか。

sympo20140730_040

特に東京には木材は皆無だ。日本の建築家は何をやっているんですか?」と言われて、ハッとしたんですね。確かに明治以降、西洋の先進的文明に追いつき追い越そうとする過程の中で、いつの日か木造建築は脆弱で燃えやすくて、大型建築には不適合で都市に作ってはいけないものだといって、都市から排除されて現在に至りました。しかし依然として我々には木材を愛する精神が残っています。オフィスでは残念ながら金属を用いることが当たり前であっても、住まいとなると我々日本人は木にこだわるんです。

sympo20140730_041

ありふれた表現ですが、日本人というのは木材のよさがDNAに染み込んでいるという言い方ができるかもしれません。しかし、これは本当にそうなのでしょうか。我々が木材は美しいと感じること、いい香りだと感じる感覚は、人生のひと時を木材の建築のなかで過ごした経験をまだ持っているからではないか。

ここで簡単な調査をしたいと思います。ご協力願います。これまで生まれてから今日まで、木材の建築のなかで生まれ育った経験が全くないという方はどのくらいらっしゃいますか?

sympo20140730_042

シャイな方もいらっしゃるのかもしれませんが皆無です。普通、東京でやっても、8割の方が木材建築に住んだ経験があるとおっしゃいますね。それこそが非常に重要だと思います。もしかしたら私たちの子どもや孫の代では、生活のなかで木材に触れる経験というのはなくなってしまって、日本人の木材好きというのは消えてしまうのではないかという危機感を持っています。木材が美しいとか、良い香りだとか、こういったごく自然な感覚は実は風前の灯火にあるのではないかと。

sympo20140730_043

この仮説が正しいとすれば、木材の復権というのは、我々の世代が担わなくてはいけない大きな問題なのではないか。そして建築的な課題を超えて、産業やビジネスの大きな課題でもあるわけです。

こういった想いから、木材会館では木材を用いた建築作品をつくるのではなくて、当初より都市建築における木材の復権をメインテーマとしてデザインを進めました。サブテーマは4つです。最初のサブテーマは「適材適所」。無理して木材を用いていると後で付いてくる人がいないんですね。木材を使うにふさわしいところにきっちりと使っていこうと。

sympo20140730_044

ですから無理してすべての構造に木使うのではなくて、適材適所で木質を使う「木質建築」というのを提唱しました。もちろん構造に一切使わないということではなくて、最上階の屋根などは自分しか支えませんから軽いほど有利なわけです。こういったところには積極的に木を使おうと考えました。2つ目は「エイジング」。最近流行っている言葉です。木材が古くなり、グレーに変色することは一般的に悪いことのように捉えられていますが、実はこれも木材の持ち味なのではないかと考えました。

sympo20140730_045

仮に古くなったり割れたりしても、部材はすべて糊付けしないで、ボルト止めにしていますから、全て取り替えられるような設計になっています。木材というのは軽いですから非常に簡単に交換できるんですね。これも木材建築の便利なところです。3つ目は「安全性」です。火災の際に発生する煙をコントロールする設計を行うことで、木材というのはこんなにもふんだんに使えるということがわかり、目から鱗でした。詳細はすでに専門誌等に発表していますのでここでは割愛しますが、

sympo20140730_046

木材はすでに現在の法律で、十分に使える素材なのです。4つ目は「生産性」。使用した材料はすべて住宅用の木材として流通している尺貫法の材料を使いました。ただし、細かな材料の細工にはコンピュータを使いました。コンピュータを用いた工作機を使うことで、非常に安く早く、オフィスビルに木を使うことができるようになります。こうした技術の導入も必要だと思います。

sympo20140730_047

木材会館での試みは、建築業界では多少のインパクトは与えられたかもしれないですが、本格的な木材の復権にはまだ至っていません。一方で、同様の木材の復権の試みは、今日お話があったように、世界中で取り組まれています。恐らく世界的な事象なのだと思います。さらには木材供給を担う山林に目を向けてみますと、非常に危機的な状況です。木材と山林の適切な循環ループを我々は作らなければいけない時期に来ています。そのためには、社会に木材の復権を認知してもらう大きなきっかけ、トリガーが必要です。

そして私は2020年の東京オリンピックこそが、そのためのイベントとして、紛れもないいい機会であると思っています。成熟した都市・東京で、そして日本で、人々の価値観は多様化していて、オリンピックのテーマがちょっと見えづらくなっている。少なくとも海外から東京オリンピックを見る限り、世界の人々をお招きする、おもてなしをするためには、東日本大震災からの復興や原発からの安全な状態をコントロールできていることを世界に宣言することが、一つの大きな建設的なテーマであるはずなのです。

sympo20140730_048

例えば、最もふさわしいのはメイン会場となる新国立競技場かもしれませんが、この客席、この内装に東北で伐採された木材が、そしてそれを支えるように、全国で伐採され、加工された木材が使われていたら、それは東北復興の象徴であり、歓迎の印になるに違いありません。繰り返し報道されるであろう、オリンピックの入場式や開会式で、木質により作られた座席や内部がテレビで放映され、そのたびにアナウンサーは、この材料は東北を中心とした日本各地で伐採され、製材された材料だと繰り返し告げるでしょう。木材が大型の施設を包み込む姿は、おそらく東北の復興の明確な象徴となりますし、多くの人の心を捉え、心のなかに木材に対する可能性を刻みこむに違いありません。昨今、話題となっている、競技場建設費の高騰に対しても、例えば木材客席を国民の寄進や寄付を募って声を集めた形で行えば、それこそ大きな力になることは間違いありません。

都市建築における木材の復権は、先ほどからお話しているように、いつでもできるものではなくて、木材のよさを肌身で知っている我々の世代がやらなければいけないわけです。木材の復権は、現在に生きる木材関係者、そして企業、そして我々建築関係者がいま担わなければ永遠にその機会を失ってしまうんです。こうした状況のなか、地道で個別な努力とともに、オリンピックのような千載一遇の機会、そしてその機会を木材関係者が連携して活かすことで、木材の復権を図らなければいけないのではないか。というのが私からの問題提言です。ご清聴ありがとうございました。