『2020年に向かう、新たな森づくりシンポジウム』 ~林業復活と都市で拡げる木材利用~

主催/美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・森林再生を推進する国民会議
共催/ (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、
経団連自然保護協議会、(一社)日本CLT協会、 (特)活木活木森ネットワーク
後援/林野庁

sympo20140730_001

近年、我が国の国土の7割を占める豊かな森林資源を活かした、地域経済の活性化・地域再生等への関心が高まりを見せています。さらに、木造で中高層建築物の建設が可能なCLT(直交集成板)等の技術開発が進む中で、新たに都市部での木材利用の可能性も拡がっています。

他方、国際的には2013年から木造建築物や木製家具等への炭素固定量が温室効果ガスの吸収源として計上されることになり、地球環境保全に向けた木材利用の役割も高まっています。

近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフスタイルが提案されています。

そこで、我が国では東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとともに、地球温暖化防止や生物多様性保全等の国際条約の目標年でもある2020年に向けて、産業界や行政、生活者等の幅広い関係者で、新たな森づくりの可能性について議論するシンポジウムを開催します。

主催者挨拶

出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)

槍田 松瑩 (三井物産(株) 取締役 会長)

来賓挨拶

林 芳正(農林水産省大臣)

佐藤 重芳 (全国森林組合連合会 会長)

吉条 芳明 (全国木材組合連合会 会長)

基調報告

【1】「林業の成長産業化・木づかいの町づくりに向けて」

沖 修司 (林野庁 次長)

【2】「我が国の経済成長に資する「林業復活」について」

赤間 哲 (三井物産(株) 環境・社会貢献部 社有林・環境基金室長、林業復活・森林再生を推進する国民会議 / 林業復活推進委員会 委員)

【3】「里山と都市をつなぐ木材の可能性」

中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長、銘建工業(株) 社長)

パネルディスカッション

<モデレーター>

高藪 裕三((一社)日本プロジェクト産業協議会 顧問)

<パネリスト>

[建築業界]山梨 知彦 ((株)日建設計 執行役員 設計部門代表)
[林業・木材業界]中島浩一郎 ((一社)日本CLT協会 会長)
[ 産業界 ]赤間 哲 (三井物産(株) 社有林・環境基金室長)
[ 生活者 ]南沢 奈央 (女優、フォレスト・サポーターズ)
[行政関係] 本郷 浩二 (林野庁 森林整備部長)

【高藪】ありがとうございました。成長産業という言葉は踊るのですが、まだ具体的になっていない部分に多少イライラしているところがありまして、今のような話を多少参考にしていただきたいと思います。次の議題「地域創世」へと移ります。すでに話に出ている部分では、先ほども申し上げましたが、地域の過疎化、限界集落、あるいは限界市町村の問題が人口問題と併せて、我が国の将来に極めて深刻であると。だからそこを、産業を起こして雇用を起こして活性化させようと、総理自らが本部長になられる。我々としては林業を産業化したいということで、タイミング的にもピッタリですので、地域創世という政策に対して、何か物申していきたいという風に考えるわけです。地域創世に関してどうしていったらよいのか。それでは生活者の立場で、これまでのような難しい話でなくて結構ですから、南沢さんお願いできますか。

【南沢】先ほども少し触れましたが、山梨県の森に行かせてもらった際に、そこの森の木で作られた製品についても見せていただく機会がありました。実際に森を見て、この木を使って作られたものだということを知ると、親近感が沸いて、想い入れが生まれたんです。どういった場所の材料を使って作っているかだとか、どのような人が木を切っているのかを知ると、一気に距離が短くなります。少し話が違うかもしれませんが、先日、十勝に行き、こだわりの野菜が作られている過程を取材してきたのですが、いざ東京に戻ってきて野菜を見ると、自然と十勝産のものを選んでいる自分がいるわけです。木材についてもまった同じだと思うのです。どういった人が林業や森づくりに関わっているのかを知ることができたら、生活していくなかでどういった製品を選ぼうかという判断のきっかけ、足がかりになるのではないでしょうか。まずは多くの人に森づくりの現状を知ってもらいたいなという気持ちで、私自身は、発信していけたらいいですね。あとは先ほどオリンピックの話が出ていましたが、出身地の木を使うとか、被災地の木を使うとか、すごくよい取り組みだと思います。使われている木の産地がわかるともっと良いのかなと感じました。

【高藪】ありがとうございました。パネルディスカッションではあるのですが、会場におられる慶應大学の米田雅子先生が、しゃべらせないと帰らないみたいな表情をされていますので(笑)、一度だけ会場に振りたいと思います。これまでの議題のなかで、総括でも結構ですし、ご意見でも結構ですからどうぞ。

sympo20140730_049

【米田】の中の森林再生事業化研究会で委員長をさせていただいている米田でございます。林業復活・森林再生を推進する国民会議は啓蒙活動で、それに対して我々は実働部隊として、現場で頑張るということをやらせていただいています。そもそも今日のしつらえが、美しい森林づくり全国推進会議と国民会議が連携してこのようなイベントを開くということで、私自身、非常に喜んでおります。みんなが力を合わせて、盛り上げていくということができているのがほんとうに嬉しいなと。山梨先生というトップアーキテクトが木材の普及を高らかに宣言して、オリンピックのなかでも大きな役割を果たしていかれる。マスターアーキテクトの一人ですので、そういった力強い味方を得て、木材をどんどんアピールしていくことが、中山間地域の活性化にもつながります。さらには、産業界を高藪さんのような方にご先導していただき、盛り上がっていくことに、すごく期待が持てるのではないかなと。今後は地域創世につなげていくことになるのですが、先ほど話で出た、縦割りを超えるということ。なかなか言うは易しですが、実際に縦割りを超えていろいろなプロジェクトを進めていく時に、誰が責任を取るのか、誰がその予算を要求するんだというところで必ず各省に落ちていってしまうんですね。そうではなくて、もう少し本気で横断的な予算をつけて、サポートしていただけるようなものを作らないと、実がならないのではないかと思っています。

【高藪】ありがとうございました。突然振って申し訳ありませんでした(笑)。本郷さん、予算という意味では地域創世もそうですが、成長戦略にこのように明記されたからには、林野庁の予算は増えるのでしょうか?

【本郷増えるようには努力するし、目一杯要求していきたいと思っていますけど、地域創生に関していえば、「まち・ひと・しごと創生本部」が各省に予算をどのように振り分けるのかもまだ決まっていないので、実際に、林野庁の予算が増えるかどうかはよくわかりません。我々としましては目一杯要求をして、12月に向けて獲得をしていきたいと思いますが、私どもだけではできないこともいっぱいありまして、先ほど言った、総務省の過疎対策のお金ですとか、経産省の中小企業を応援する中小企業支援だとか、そういったところとの連携。あるいは国交省で言えば、木材を使ったまちづくりとの連携もあるのかもしれません。予算というのは、どこの省庁も自分のものにしたくてしょうがないというこの仕組みを、この予算についてはお前の省のここで使えというような采配を、創生本部の大臣ができるようになれば、例え縦割りであっても、誰が責任を取るのかわからないというようなことにはならないのかもしれません。