『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』 ~生物多様性の主流化に向かう、森づくり・人づくり・木づかい~を開催しました。

主 催 美しい森林づくり全国推進会議(公社)国土緑化推進機構
共 催 経団連自然保護協議会

fs_forum2016_03_01_161近年、地方においては活性化のための総合戦略がたてられるとともに、企業においても事業活動を通じて社会的課題の解決に取り組むCSV経営が指向されています。また、環境問題への高まりを受けて「ISO140001」の規定が改訂されるなどの動きが見られます。

こうした中で、「新国立競技場」が“木と緑のスタジアム”として建設されることとなるなど、林業・林産業の振興や地方創生、地球温暖化、環境問題への対応につながる、“森づくり”や“木づかい”が活性化していくことが期待され、そこで果たすべき企業の森づくりへの期待は大きなものがあります。

そこで、地方創生・CSV時代を踏まえた、人づくりや木づかいと一体となった新たな「企業の森づくり」のあり方を議論するために本フォーラムを開催するものです。

開会・挨拶
15:00
基調報告
15:10~16:05
  1. 地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい
    赤池 学CSV開発機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長
  2. ISO14001:2015における生物多様性の考え方と必要な企業の対応
    中井 邦治経団連自然保護協議会 事務局次長
  3. グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD
    山下 宏文京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長
事例報告
16:05~16:25
  1. 地方創生時代の企業協働の森づくり~学校での木づかいと森のようちえん~
    山田 夕紀美濃加茂市 産業振興部 農林課 里山再生係長
  2. 中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい
    野田 真幹NPO法人もりふれ倶楽部 理事・事務局長
パネル
ディスカッション
16:25~17:25
閉会挨拶 17:25
  •  梶谷 辰哉公益社団法人国土緑化推進機構 専務理事

基調報告① 地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい

赤池 学CSV開発機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長

fs_forum2016_03_01_181みなさん、こんにちは。一般社団法人CSV開発機構の理事長も務めておりますユニバーサルデザイン総合研究所の赤池でございます。私はユニバーサルデザイン、エコデザインにもとづいて色々な商品や施設、地域開発を手がけるインダストリアルデザイナーとして活動しております。今日はCSVとの接点の中で、主に木づかいを中心に企業が森づくりに関わっていく意義についてお話しできればと思います。

fsforum2016_kicho1-24

こちらは、4つのウェアを循環させた図で、ものづくりにおいていったいどのような価値開発の視点が望まれているのかということを説明したものです。

まず、ハードウェア ―加工技術― があります。次にこのハードウェアをどういう領域に展開していくのか、例えばCLTを一般の住宅に使うのか、商業施設に使うのか、公共施設なのか、さらに先を見据えた木質の集合住宅なのか―こうしたものづくりはハードウェア、ソフトウェアのデザイニング、プランニングを通じて生み出されてきました。実は、これからはもう2つ大切なものづくりのまなざしが必要です。

それは、まずセンスウェア―五感と愛着に基づく品質づくり―で、心と五感に訴求する価値をつくっていこうということです。例えば木材を使っていく際にその調湿性がいかに五感に対して健康に対して意味を持っているのかというエビデンスを踏まえた上で開発をすることや、虫食いの材、うるさい木目もデザインの仕方次第で感性価値になるということです。

そしてもう一つ、最も大切なのはソーシャルウェアだと思います。公益としての品質をいかに開発していくかということです。木質系の様々な建材や施設にあえて国産材、地域材を使えば、それは言うまでもなく林業、森林に関わる人たちにとってメリットを与えることになります。これからのものづくりには、使い手だけなく思いつく限りのステークホルダーに対しても意思をもって便益を提供していくような企業が望まれるだろうと思います。

もう一つ、森づくり・木づかいに関してお話しをしたいことは、今の世の中、社会は大きく動いている、ということです。私どもの研究所では、国内・海外でどんな技術開発が行われているか、ユーザーの嗜好がどのように変化しているかを専門に分析する研究員がおりますが、そうしたデータをみると、世の中の進化の道筋が緩やかに見えてきます。

fsforum2016_kicho1-23

自動化社会―これはいうまでも無く戦前までの利便を追及した社会です。しかし、環境破壊を含めた負の遺産をたくさん作ってしまったため、日本を含めた先進国は違う社会モデル―それは例えばエネルギーでいうとエネルギーベストミックスに象徴される最適化社会と呼ばれる胎動が始まりました。しかし、3.11以降、専門家も、国も、エネルギーについての科学的、論理的な論拠を全く持っていなかったということを、全ての日本国民が共有してしまいましたので、最適化社会は崩壊してしまっています。

では、これから世の中がどの方向に向かっていくかといいますと、自律化社会とよべる社会への移行がすでに始まっています。つまり個人も企業も地方自治体も、地域の地政学、特殊性、あるいは創業以来の理念をベースに自ら計画して自ら行動していくようなアクションが増えています。そして、コストのかからない生態系サービスをまちづくりにつなげていくという自然化社会とも呼べる動きを形にしているフロントランナーの自治体や企業も増えはじめています。このことは、一般の生活者に立ち返ってみても同様のデータが出ています。

fsforum2016_kicho1-22

これは、東北大学大学院の環境科学研究所が震災以降10代から90代までの日本人が、どのようなニーズを持っているかをまとめた図の一部です。やはり便利なものが好きな日本人は多くいますが、それと同じくらい自然、様々な楽しみ、社会と一体化という指向があるのです。そしてこの研究の面白いところは、こうした指向性と消費投資額を相関させた分析をしているところです。

fsforum2016_kicho1-21

この図では、低所得者ほど便利なものが好きで、少し富裕になると育てる、関わるといった、生活者が自ら参画していけるものや施設に投資をしています。そして高所得者になればなるほど、自然に包まれて癒やされる暮らしを求めているというニーズが見えてきています。これは、私たちの心と五感のセンサーに立ち返ってみれば当たり前のことだと思います。

fsforum2016_kicho1-20

こちらの写真をみて、左の町並みと右の町並み、どちらが好きかと尋ねて左と答える人はおそらくいないのではないでしょうか。であれば、これからの自律化・自然化社会とは、このような方向で都市や街、ものをつくっていくことが期待されているということなのです。これを理解し人づくりにつなげていくときに重要なのは、社会をいかにとらえるかという眼差しだと思います。

fsforum2016_kicho1-19

ここ最近出版されている経済学・環境学の本の前段には必ずといっていいほどこの図が載っています。しかし、このように経済、社会、環境を鼎立として捉えた瞬間にお金儲けのためには自然生態系を破壊してもやむを得ないというカニバリズムが起こってしまいます。社会の実相は実はこの右の図の状態なのです。自然生態系という環境があり、その中にコミュニティとしての社会が内包されて、その社会を運営するエンジンの一部として経済がある、という当たり前の事実に立ち返り、環境の持続性を担保しながら、社会の中で新しいサステナブルなビジネスを探っていくということが、あらゆる業種・業界に期待されているのではないでしょうか。

fsforum2016_kicho1-18

こうした最中、震災前の2011年11月に、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授がクリエイティング・シェアード・バリュー(Creating Shared Value = CSV)という考え方を提起されました。わかり易く言えば、公益と事業益=ビジネスを両立させる開発投資を行わない企業に未来はない、という提言です。これは、実はあまり難しいことではなくて、近江商人の哲学にあるように、売り手よし、買い手良し、世間良し、という三方良しの考え方です。

fsforum2016_kicho1-17

このような問題意識を持っている異業種の企業とともに、3.11以降、CSVビジネスの研究開発についてのワーキングを重ね、一昨年の4月に(社)CSV開発機構を立ち上げました。活動の基本的なスキームは、例えば省庁に対して公益性のある政策の提言を行って、制度設計のお手伝いをして、立ち上がった事業を受託して、それをビジネスにしていくというものです。地方自治体であれば、掲げている事業に対して、参画した企業がどんな技術やシステムやノウハウを提供できるのかという話し合いを経て、具体的な事業を自治体とともに進めていくといったスキームを形にしてきました。

例えば、私どもの法人の理事企業を務めております教科書の最大手である東京書籍さんは、次年度から文部科学省が重点化するキャリア教育の流れに着目をして、一昨年の末から「EduTownあしたね」といういわゆる職業人情報の発信サイトと、それを学ぶための教材を開発し、全国の小学校・中学校につないでいます。その中には、多様な業種の働く人たちがどのようなキャリアを経て、どのように努力をしながら、どのような便益を社会に提供しているのかといった職業人の情報が発信されています。そして今内閣府のオリンピック、パラリンピック室と連携して、障がい者スポーツを支えている職業人情報教材の発信も四月から行われます。例えば、利用者と連携すれば、今日お集まりのみなさんのような森づくりや木づかいに関わっている職業人の情報を、東京書籍さんの取組を通じて、全国の小学校、中学校の子どもたちに発信することも可能なのです。

fsforum2016_kicho1-16

例えばこちらの図にありますように、宮林先生を中心に提議された木材利用ポイントを、産業界がキャッチアップしやすくなるためにはどのような制度が必要か、会員企業である住友林業、大和ハウス、リクシル、JTBなどみなさんの意見を林野庁にフィードバックしながら、木材利用ポイントが立ち上がったことはご存じの通りかと思います。

fsforum2016_kicho1-15この流れの中で、林野庁が後援する形で今年度からウッドデザイン賞が立ち上がりました。木材の利活用についての先導的な事例を顕賞するという新制度です。実は審査委員長も私が務めておりますが、どんな取組がウッドデザイン賞を受賞したのかをご紹介したいと思います。

fsforum2016_kicho1-14

グランプリである農林水産大臣賞を受賞しましたのは、西粟倉で林業地域における六次産業のモデルです。地元の様々な事業者、ビルダーが連携して地域材を活用する様々なビジネスを形にしています。実はこうした同種の取り組みは林業地域にたくさんあるのですが、西粟倉の事例では、無印良品に代表されるような企業のノウハウ、商流をうまくつかっています。企業と連携する形で首都圏を含めて幅広いエリアに地元の森と暮らしを創る六次産業プロダクトを展開していくというビジネススキームが評価されてグランプリを受賞しました。

また、これからの木づかいを考えたとき、木質の内装などをどのように形にしていくのか、研究者の取り組みも非常に大切です。

そして、今回のウッドデザイン賞には全国から850件に及ぶ様々な木材利活用の取り組みが寄せられました。

fsforum2016_kicho1-12

こちらはビックウィルという企業の取り組みですが、突き板を樹脂製の壁紙クロスの代わりに張ると、感性価値の高いチャーミングな木質空間が低コストで形になるものです。

fsforum2016_kicho1-11

(株)和紙の糸のように、間伐材から糸を引いて、壁紙やテキスタイル、ファッションをつくるハードウェアを持つ中小企業が日本にはあります。

fsforum2016_kicho1-10

またサイディングのトップメーカーであるニチハ(株)のような大手企業でも、間伐材を利用した、木プラスセラミックのサイディングを開発して、住宅産業界につなごうと取り組んでいます。

fsforum2016_kicho1-09

ユニークなところでは、飛島建設(株)が、液状化対策として、基礎に国産の丸太を使うという新しい工法を開発されました。

fsforum2016_kicho1-08

こちらも驚きましたが、国産のスギでつくったエレキギターです。この音質研究を進めていますが、審査のときに手にしてみて驚いたことはその軽さです。このような研究をヤマハのような企業が積極的にビジネスにしていくと、林業地域と研究者とビジネスのWin-Winの関係が形になるのです。

fsforum2016_kicho1-07

こちらは銭湯に行くと黄色い樹脂製のケロリンの桶を木製に変えていくという取り組みです。

fsforum2016_kicho1-06

積水ハウス(株)のような大手のハウスメーカーも目を向けています。国産材を使った商品住宅を開発して提供しています。

fsforum2016_kicho1-05

また、(株)リクシルも、積層材で大きなラーメン構造の工法開発をしました。これはお施主様にとっては、柱のない大空間、大きな大開口の窓がある暮らしができるものです。このように大手企業と森が今、ゆるやかに繋がり始めています。

fsforum2016_kicho1-04これは旭川のトドマツ屋台プロジェクトです。トドマツはご存じのように木質が軟らかく、木量はたくさんあるのになかなか産業活用がされてきませんでした。しかしデザイナーと地方自治体と地域の事業者がトドマツを積極的に使おうと協働すると、このようなプロジェクトがいくらでも展開できるのです。今私は、保育教育の老舗であるフレーベル館とともに、逆にトドマツの柔らかさを活かした幼稚園、保育園用の椅子やテーブルの開発をしています。

fsforum2016_kicho1-03

この京都銀行の事例では、事業所を使って公益性のある実践ができないものかと考えオフィスに地域材を使って施工しています。これもきわめてチャーミングなCSVのビジネスモデルといえます。

fsforum2016_kicho1-02セブンイレブンでは、募金箱や国産材を活用したカート缶飲料を積極的に販売する取り組みを形にしています。

fsforum2016_kicho1-01fs_forum2016_03_01_182私どもCSV開発機構では、マイケル・ポーター教授と日々交流しながら様々な事業開発に努めております。昨年5月にボストンでCSVサミットが開催されました。そこでポーター教授とお話をする機会があり、私は「CSV時代の企業はどうあるべきか」と尋ねました。すると教授は、「これからの企業に望まれていることは、ユニークになるために闘うことである」と即座に答えました。様々な企業の方々には、ユニークな木材の利活用を探って欲しいと思います。また、私は「ユニークであるためにはどうしたらよいか」を教授に尋ねると、「過去の成功例、失敗に囚われずに、ユニークな事業を構想すること。それを社会実装するユニークなバリューチェーンを構築すること。最後に、最も大切なことは、やらないこと、を決めることである。」と仰いました。

みなさまには、木材の従来になかったユニークな事業をぜひ構想していただき、それをWin-Winの関係性の中で社会に実装していくスキームを形にしていただければと思います。本日はご静聴いただき、ありがとうございました。