『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』 ~生物多様性の主流化に向かう、森づくり・人づくり・木づかい~を開催しました。

主 催 美しい森林づくり全国推進会議(公社)国土緑化推進機構
共 催 経団連自然保護協議会

fs_forum2016_03_01_161近年、地方においては活性化のための総合戦略がたてられるとともに、企業においても事業活動を通じて社会的課題の解決に取り組むCSV経営が指向されています。また、環境問題への高まりを受けて「ISO140001」の規定が改訂されるなどの動きが見られます。

こうした中で、「新国立競技場」が“木と緑のスタジアム”として建設されることとなるなど、林業・林産業の振興や地方創生、地球温暖化、環境問題への対応につながる、“森づくり”や“木づかい”が活性化していくことが期待され、そこで果たすべき企業の森づくりへの期待は大きなものがあります。

そこで、地方創生・CSV時代を踏まえた、人づくりや木づかいと一体となった新たな「企業の森づくり」のあり方を議論するために本フォーラムを開催するものです。

開会・挨拶
15:00
基調報告
15:10~16:05
  1. 地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい
    赤池 学CSV開発機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長
  2. ISO14001:2015における生物多様性の考え方と必要な企業の対応
    中井 邦治経団連自然保護協議会 事務局次長
  3. グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD
    山下 宏文京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長
事例報告
16:05~16:25
  1. 地方創生時代の企業協働の森づくり~学校での木づかいと森のようちえん~
    山田 夕紀美濃加茂市 産業振興部 農林課 里山再生係長
  2. 中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい
    野田 真幹NPO法人もりふれ倶楽部 理事・事務局長
パネル
ディスカッション
16:25~17:25
閉会挨拶 17:25
  •  梶谷 辰哉公益社団法人国土緑化推進機構 専務理事

基調報告③ グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD

山下 宏文京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長

fs_forum2016_03_01_212みなさまこんにちは。京都教育大学の山下と申します。本日はグローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESDについてお話をいたします。

fsforum2016_kicho3-12

現在、今回のテーマである森づくり、人づくり、木づかいの方向と、教育自体が向かおうとしている方向が合致しつつあります。それをしっかりと合致させるためにはどうすれば良いか、といいますと森林ESDによって可能になります。本日は森林ESDの入門編のお話を致します。

fsforum2016_kicho3-11

これまで、企業あるいはNPOが森林環境教育という取り組みをしてきていると思いますが、森林環境教育というものは人によってずいぶんとらえ方が異なります。よって、森林環境教育といっても、例えば目的が体験だけというところもございますし、あまり目的を考えず、学校から言われるままというところもございます。それでは良くないということで、ESD=持続可能な開発のための教育という共通の理解をもって、その方向に向かっていこうとすれば、教育が向かう方向と合致してくるのです。

fsforum2016_kicho3-10

ESDとしての森林環境教育というあり方から捉えると、社会的課題への対応と教育的課題への対応の2つが求められます。これまでは社会的課題への対応が全面に出ていました。しかし森林ESDという視点で捉えると、教育的課題への対応が必要であることが分かります。森林環境教育のとらえ方が異なるのは、環境というものをどう捉えるかによります。そして、社会的課題への対応とは、まず持続可能な社会の実現があり、そこに教育も寄与していかなければならないということです。

日本の森林は多くの問題を抱えていますが、これは量的な問題ではなく質的な問題であることを考慮する必要があります。それと温暖化の進行という問題です。日本は2030年に向けて、温室効果ガスを26%削減するとしていますが、そのうち4%は森林によるものとしています。京都議定書では6%に対して3.8%でしたので、森林の役割が大分下がったということではありません。また、環境教育促進法という法律もあります。

fsforum2016_kicho3-09

そしてもう一つ、教育的課題への対応です。ここでは、グローバル人材育成に向かうということを最初に掲げています。よく聞かれるようにグローバル人材を教育の中で育てていかなければならないということになっています。

fsforum2016_kicho3-08

教育においてグローバル人材とはどういうものかといいますと、単に語学力、コミュニケーション能力だけがあればよいということではありません。主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感といったものが大事であり、異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー、つまり自国の文化に対する理解というものが含まれます。「木づかいの文化」はここに含まれてきます。このほか、幅広い教養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワークと異質な者の集団をまとめるリーダーシップ、公共性・倫理観、メディア・リテラシーなどが、グローバル人材に求められています。

fsforum2016_kicho3-07

そのためには、どのような学力を子どもたちに持たせていけばよいのでしょうか。現在の学習指導要領では、確かな学力として、基礎的・基本的な知識・技能、思考力・判断力・表現力、学習意欲を前面に出すと言っています。これが、今後はどのような部分が強調されていくかといいますと、21世紀型能力といわれる、基礎力・思考力・実践力などで、これはESDが育てようとしている能力と非常に重なり合っています。

そして、ESDは子どもだけでなく大人も対象ですから、企業の社員教育にも当然関係してくると思われます。次に、ESDで重視する能力・態度ですが、これは、批判的に考える力、未来像を予測して計画を立てる力、多面的、総合的に考える力、コミュニケーションを行う力、他者と協力する態度、つながりを尊重する態度、進んで参加する態度などで、これを学校は学力として捉えます。21世紀型能力は、まず基礎力として言語スキル、数量スキル、情報スキルがあり、その上に思考力として問題解決・発見力、創造力、論理的・批判的思考力、メタ認知・適応的学習力があります。ここまでは今とあまり変わらないのですが、大きく変わってくるのが、この上に位置する実践力です。実践力は自立的活動力、人間関係形成力、社会参画力、持続可能な未来への責任といったことが含まれ、考えたことをいかに実践に結びつけるかということが重視されます。これまでは、考えたことをその先にどう実践、行動に結びつけるのかというところが弱かったのですが、これからは、実践、行動に結びつく能力が必要であるとするのです。

fsforum2016_kicho3-06

このように、ESDで育てようとしている能力と、21世紀型能力と呼ばれているものが非常に対応していることがおわかりになるかと思います。つまり、森林ESDで子どもたちに身につけさせようとしている力は、学校が身につけさせようとしている力と同じであり、価値が共有されています。

fsforum2016_kicho3-05

日本だけでなく世界をみてみると、OECD EDUCATION2030においても、知識=何を知っているか、スキル=知っていることをどう使うか、人間性=社会の中でどう関わっていくか、そしてメタ認知=どのように省察し学ぶか、この4つで学力を捉えようとしていますので、日本で21世紀型能力と言っている内容と基本的には同じ方向に向かっていることが分かります。

fsforum2016_kicho3-04

それと、新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働のあり方についてですが、これまで社会に開かれた学校を目指してきたのがさらに進んで、地域とともにある学校に転換しようとしています。そのためには、子どもも大人も学びあう教育体制をつくり、学校を核とした地域づくりの推進が必要です。地域学校協働本部を設置して、そこに色々なボランティアの方なども関わって学校教育を考えていこうという体制づくりが進んでいます。森林関係でいうと企業・NPOなどは地域の中で活動・教育をしていますので、これに関わっていくことが可能です。また、教育的課題への対応としては、子どもの心の育成も非常に重要です。

fsforum2016_kicho3-03

これまでの話をまとめますと、森林ESDの考え方は、こちらの図のようになります。企業・NPOが携わっている色々な教育の方向と、学校が近づいていると感じられるのではないでしょうか。

fsforum2016_kicho3-01

最後に、これからの教育の課題についてお話します。まず一つめに、これまで皆さんが企業・NPOとして色々な森林環境教育に取り組んで来られたことをESDという立場からとらえて、森林ESDとして成り立っているのかどうか見直すことが必要ではないでしょうか。

二つめは学校教育との連携をいかに図るかということです。2020年は、次の小学校の学習指導要領がはじまる年です。今年には、中央教育審議会答申がでて、その後、学習指導要領が告示されます。そうすると学校ではそれに向けた対応がはじまり、地域との連携・協働、21世紀型能力をどう育てるかといったことが教育側の大きな関心事となりますので、そこに森林ESDの実践を提案していくのは非常に良いと思います。いかに学校と連携を図るのか、一つは、教育課程のこと、課外のことがあります。緑の少年団などは地域との連携などを実現していくものとしては非常に良いと思います。

また、関係機関との連携のあり方はどうかといいますと、コミュニティスクールという考え方で、地域学校協働本部が設けられますが、単に一つの学校とという関わり方から関係機関同士がネットワーク、組織を形成しながら学校を支えていく体制になっていきますので、森林ESDを今後どうしていくのかということの情報交換が重要になっていくことと思います。

以上、教育自体が森林ESDと強く結びつく情勢についてお話をいたしました。本日はありがとうございました。