『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』 ~生物多様性の主流化に向かう、森づくり・人づくり・木づかい~を開催しました。

主 催 美しい森林づくり全国推進会議(公社)国土緑化推進機構
共 催 経団連自然保護協議会

fs_forum2016_03_01_161近年、地方においては活性化のための総合戦略がたてられるとともに、企業においても事業活動を通じて社会的課題の解決に取り組むCSV経営が指向されています。また、環境問題への高まりを受けて「ISO140001」の規定が改訂されるなどの動きが見られます。

こうした中で、「新国立競技場」が“木と緑のスタジアム”として建設されることとなるなど、林業・林産業の振興や地方創生、地球温暖化、環境問題への対応につながる、“森づくり”や“木づかい”が活性化していくことが期待され、そこで果たすべき企業の森づくりへの期待は大きなものがあります。

そこで、地方創生・CSV時代を踏まえた、人づくりや木づかいと一体となった新たな「企業の森づくり」のあり方を議論するために本フォーラムを開催するものです。

開会・挨拶
15:00
基調報告
15:10~16:05
  1. 地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい
    赤池 学CSV開発機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長
  2. ISO14001:2015における生物多様性の考え方と必要な企業の対応
    中井 邦治経団連自然保護協議会 事務局次長
  3. グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD
    山下 宏文京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長
事例報告
16:05~16:25
  1. 地方創生時代の企業協働の森づくり~学校での木づかいと森のようちえん~
    山田 夕紀美濃加茂市 産業振興部 農林課 里山再生係長
  2. 中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい
    野田 真幹NPO法人もりふれ倶楽部 理事・事務局長
パネル
ディスカッション
16:25~17:25
閉会挨拶 17:25
  •  梶谷 辰哉公益社団法人国土緑化推進機構 専務理事

事例報告① 地方創生時代の企業協働の森づくり〜学校での木づかいと森のようちえん〜

山田 夕紀美濃加茂市 産業振興部 農林課 里山再生係長

fs_forum2016_03_01_226みなさん、こんにちは。岐阜県美濃加茂市から来ました山田と申します。よろしくお願いします。本日はこの場をお借りして、美濃加茂市の里山をご紹介できることを大変光栄に思っております。

fsforum2016_jirei1-07

美濃加茂市は、写真の通り山が多いところです。美濃加茂市は岐阜県と同じような形をしていまして、北部が山になっています。これは一般的なスギ・ヒノキのような針葉樹が多い山ではなく、広葉樹が多い山です。とても低い山が多く、隣のほらから山の向こうのほらに抜ける道が、たくさんあったと昔の方から聞いています。そんな山が現在、まったく使われておらず荒廃してしまっております。
そんな状況で一番問題なのが、イノシシ、シカ、サルといった有害鳥獣が山間地域に多数出没して農作物の被害がたくさんでていることです。その対策をするために、まずに山の整備をいたしました。そのときに、元々昔からあった道、田畑がでてきて、どうにかこの山を昔の状態に戻していきたいという思いから、美濃加茂市は里山の整備に力を入れてきました。

fsforum2016_jirei1-06

現在、「里山千年構想」という里山プロジェクトをつくりさまざまな事業を進めております。プロジェクトには里山整備、資源活用、里山活用といった3つの要素があります。まずは計画的に山の整備をして、その後に出てきた木を有効活用することを考え、きれいになった場所をそのままにしておくのではなく素敵なことに利用できないかを考える、という構想が、里山千年構想が掲げるものです。それではこの3つの要素の事例をご紹介してまいります。

fsforum2016_jirei1-05

まず、里山活用についてご紹介します。現在美濃加茂市がとても力を入れいるのが、森のようちえんの実施で、自然の中で子どもたちを遊ばせております。今後はこういった事業を美濃加茂市の市立の保育園でできないだろうか検討しているところですが、現在は、整備してきれいになった場所の一部で、イベント的に実施しております。これは、ただ子どもたちを自然の中で遊ばせたいということだけではありません。子どもの頃に自然の中で遊び学んだ経験で、いずれ子どもたちが大きくなったとき、この山を自分たちが守っていかなくてはならないのだと思ってもらうための第一歩として、森のようちえんをはじめています。これは、後ほど説明します「学校机プロジェクト」にもつなげています。まずは、幼稚園の頃から山に入り、小学校では山に入り実践するという構想です。ただ、まだ整備されているところが一部しかございませんので、今後は市全体に広げていきたいと考えております。

現在、森林環境税の補助金を活用して山の整備をしているところで、ここを整備すれば森のようちえんができる、色々なことができる、という場がたくさんありました。

その中の一つとして、森のようちえんに非常に適した場所を岐阜県に申し出たところ、楽天さんをご紹介いただき、楽天さんと荒廃した山に入っていただいて、ここで森のようちえんを実施したいと説明させていただきました。その私たちの想いに賛同していただき、そこを「楽天の森」として、整備費を出していただきました。山の整備といえば間伐した木をそのまま切り倒しておくものですが、それだと人が山に入れませんので、こちらでは森のようちえんを実施するための山の整備をいたしました。

fsforum2016_jirei1-04

左の写真のとおり笹が生い茂って人が入れない状態だったところを整備して、右の写真のようになりました。ここは子どもたちが入り、森の中で遊べるようになっています。遊具を作るのではなく、子どもたちが入って走り回れるように整備をしました。一部急なところには、切り倒した木で階段を作りました。この階段は、小さな子どもたちと、子どもたちだけでなく、お孫さんを連れたおじいさん、おばあさんも山に入れるように、という思いでつくりました。整備をして3月に第1回目の森のようちえんを実施いたします。その際には地域の方々にも参加していただき、山でとれた椎茸の原木に、美濃加茂市の椎茸の菌をつくっている企業から菌を譲り受けて、菌打ちのイベントも実施する予定です。山の木は階段にもなるし加工すれば製品にもなるけれども、椎茸も作れる、ということを子どもたちに身をもって体験してもらいたい、と思っております。

fsforum2016_jirei1-03

あわせて資源活用として、先頃ウッドデザイン賞を受賞しました、「アベマキ学校机プロジェクト」というものを立ち上げました。これは、地元の子どもたちが通学路で歩いている山にある木を使います。子どもたちには、その木を伐るところからみせて、林業という仕事があり、そのような将来の就職の選択肢があるということを知ってもらいたいと思いました。参加した五年生が六年生になったときに、学校机をつくるイベントを行いました。これは、プロの方々にお手伝いいただきながらですが机づくりの手伝いをした六年生が、新一年生に机をプレゼントする、というプロジェクトです。

fsforum2016_jirei1-02

次に、里山の整備についてご説明します。いくら山をきれいにしてもそのままにしておいてはまた山が荒廃してしまいます。かといって所有者の方々にまた整備をお願いするわけにもいきませんので、地域の方々、さらに都市圏にお住まいで森林整備に興味を持たれている方々に声がけをしていって里山の維持管理に努めていきたいと考えております。このような動きに対して企業の方々がご賛同いただければ、地元の方々と体験講座などを行うフィールドをつくりあげていくことができますし、里山の整備、維持管理を持続的におこなっていけることと思います。

fsforum2016_jirei1-01

最後に、これら3つの要素に対して、私たちは、樹種ごとの整備、整備後の活用方法を考えていきたいと思っております。企業版のふるさと納税などが立ち上がった際には、地域再生計画の中に里山再生計画を立ち上げて、ご賛同いただける企業とともに里山整備、里山活用をしてまいりたいと思います。
少しの事例紹介ではありましたが、このような事例を今後益々増やしていきたいと思います。ぜひみなさまのご協力をいただけますようよろしくお願い致します。ご清聴ありがとうございました。