『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』 ~生物多様性の主流化に向かう、森づくり・人づくり・木づかい~を開催しました。

主 催 美しい森林づくり全国推進会議(公社)国土緑化推進機構
共 催 経団連自然保護協議会

fs_forum2016_03_01_161近年、地方においては活性化のための総合戦略がたてられるとともに、企業においても事業活動を通じて社会的課題の解決に取り組むCSV経営が指向されています。また、環境問題への高まりを受けて「ISO140001」の規定が改訂されるなどの動きが見られます。

こうした中で、「新国立競技場」が“木と緑のスタジアム”として建設されることとなるなど、林業・林産業の振興や地方創生、地球温暖化、環境問題への対応につながる、“森づくり”や“木づかい”が活性化していくことが期待され、そこで果たすべき企業の森づくりへの期待は大きなものがあります。

そこで、地方創生・CSV時代を踏まえた、人づくりや木づかいと一体となった新たな「企業の森づくり」のあり方を議論するために本フォーラムを開催するものです。

開会・挨拶
15:00
基調報告
15:10~16:05
  1. 地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい
    赤池 学CSV開発機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長
  2. ISO14001:2015における生物多様性の考え方と必要な企業の対応
    中井 邦治経団連自然保護協議会 事務局次長
  3. グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD
    山下 宏文京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長
事例報告
16:05~16:25
  1. 地方創生時代の企業協働の森づくり~学校での木づかいと森のようちえん~
    山田 夕紀美濃加茂市 産業振興部 農林課 里山再生係長
  2. 中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい
    野田 真幹NPO法人もりふれ倶楽部 理事・事務局長
パネル
ディスカッション
16:25~17:25
閉会挨拶 17:25
  •  梶谷 辰哉公益社団法人国土緑化推進機構 専務理事

事例報告② 中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい

野田 真幹NPO法人もりふれ倶楽部 理事・事務局長

fs_forum2016_03_01_242みなさんこんにちは。日本のチベットといわれました島根県からやってまいりました、森とふれあうの略で“もりふれ“、NPO法人もりふれ倶楽部事務局長の野田と申します。本日は私たちの活動事例をご紹介いたします。

私たちは森の楽しさ、森林保全の大切さを伝えたくて土日に教室をやったりしておりました。しかし、大体の島根県の子どもたちは、土日はスポーツ少年団があり、中学になると部活があって、地域では子どもたちはスターですから休みの日には地域の行事にかり出されるなど非常に忙しく、さらに、学校は広域で統合されていますので、スクールバスで通学する子どもたちが増えています。このように忙しい子どもたちに森の大切さを伝えていくとなると、もはや学校の中に入っていくしかありません。

そこで私たちは島根県の緑化推進委員会と森づくりコミッションをつくりまして、授業の中で森の大切さを伝える出前講座を実施しようと考えました。しかし、島根県には、どこを見渡しても、多くのお金はありません。子どもたちが遠足で多く集まる森林公園でさえ毎年予算がカットされて森林の機能や遊歩道など最低限の管理が維持できなくなってしまうほど、行政にもお金がないのです。かといって企業にお願いして費用を出していただけるかというとそれも厳しそうで、低額の寄付で数を増やそうと考えました。

fsforum2016_jirei2-20

県内の企業に手紙や電話で、会費1万円で島根県緑化推進委員会の賛助会員になっていただくお願いをしました。その際、我々は森づくりコミッションのホームページに、賛同いただける企業の名前を載せるだけではなく、各企業のホームページへのリンクを設置することとしました。加えて募集をするときに、社内メールで、森の大切さを伝えるイベント情報を流していただけるようにお願いをしました。その努力の結果、200社の賛助会員を得ることができました。それを原資に、緑の少年団のある学校を対象に出前講座を始めました。

また、賛助会員の企業に対して森林保全の大切さの出前講座を無料で実施しますと声がけをしたところ、13社から希望がありました。あるところでは会社の講堂に全社員を集めお昼休みに講座を開催するなど、色々な形でお話をさせていただくことができました。中には企業の森づくり活動と連携して何百人という社員の方々に講義をする機会を与えていただいたところもありました。

fsforum2016_jirei2-19

fsforum2016_jirei2-17

今、簡単に森の大切さとお話をしましたが、ここで島根県における森の大切さとはなにか、お話させていただきます。場所によって生物多様性などを考えるときの尺度があると言われておりますが、島根県は森林率全国第4位と非常に森林率が高いですので、今ある森林をどうしていくのか、ということが大事になってきます。1つは、昭和時代の頃までのように薪や炭が使われなくなってきたため雑木林は切られなくなっています。そのため、はじめて平均樹齢が60歳前後という状態を迎えています。また、4割ある人工林では、間伐が不足しております。これもなかなか解決しません。そしてもう一つ追い打ちをかけているのが、人と仲良く暮らしていた竹が、無秩序に山の奥に向かってどんどん拡がっていることです。竹に埋め尽くされて他の植物は壊滅状態となり生態系が年々壊れていっています。この3つの課題を将来への宿題として考えてもらえるように、子どもたちに出前講座を実施して、講義と共に様々な体験もしてもらっています。

現在は、年間35校ほどの応募があり、隠岐の島まで拡がっています。

fsforum2016_jirei2-13

間伐材の皮での和紙づくり

これは、間伐材の甘皮から取った材料で紙を作っているところの一部です。製造工程で使用するネリをタブノキの葉からとり、そのヌルヌルした感触を子どもたちに体験してもらっているところです。現在、様々な体験活動の成果をホームページに掲載したり、メールで発信したりしております。

fsforum2016_jirei2-09

子供版木の駅プロジェクト

森の名手・名人の山林訪問

森の名手・名人の山林訪問

これら毎年30校以上の学校へ出前講座の実施を踏まえて、企業向けに、国土緑化推進機構が認定した全国の森の名手名人という卓越した森づくりのプロをともなっての出前講座を、お礼として行いました。これは、島根県内の5社で行いまして、毎回、講座の終盤で、島根の森林の現状を踏まえた、非常に有意義なディスカッションができました。

fsforum2016_jirei2-04

fsforum2016_jirei2-01

この活動は今年で5年になりますが、緑の少年団には良く伝わっていると思うものの、今の課題としては、まだ緑の少年団に加盟していない学校がたくさんあるので、そこへも森の大切さ、ということをぜひ届けていいきたいと思っています。なにしろ島根県と鳥取県をあわせましても横浜の人口に足りません。

しかし、しつこいですが、島根県は森林率が全国4位です。どこへ行っても森がすぐそばにあるのです。そ子に暮らす子どもたちは全国では少数かも知れないけれども、本当の意味で森の大切さを知って、大きくなって全国に出ていくと思います。また、そうなって欲しいです。

そのときに誇りを持って森林について語れるような子どもたちを、ぜひ育てていきたいと思っておりますし、企業のみなさまも、島根には森がありますが資金などはありません。島根の森を整備すれば地球温暖化防止にもなるし、生物多様性を守ることができます。同じ日本なので、ぜひご協力をよろしくお願いします。どうもご清聴ありがとうございました。