『グローバル時代の森林 CSV シンポジウム』 ~2020 年を目指す、企業による「森づくり・木づかい」の新たな可能性と課題~を開催しました。

主 催 美しい森林づくり全国推進会議林業復活・地域創生を推進する国民会議
共 催 (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、経団連自然保護 協議会、(NPO)活木活木森ネットワーク

sympo201607-all昨年、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」や気候変動枠組み条約の「パリ協定」などにおいて、森林の持続的な管理・利用の重要性が示され、我が国で開催された「伊勢志摩サミット」でも、持続可能な森林経営や違法伐採対策の強化が成果文書に盛り込まれ、我が国では本年5月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」が制定されました。

また、日本国内においては、戦後造成された人工林資源の成熟とともに技術開発やデザイン性の向上、IT化の進展を背景として、「新国立競技場」が木材を多用した“木と緑のスタジアム”として建設されることが決まるなど、我が国が有する豊富な森林資源と「木の文化」を活かした、持続可能で低炭素型の自然共生社会づくりの気運が高まっています。

このような中で、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年を見据えて、企業による「森づくり・木づかい」の新たな可能性や展望を切り拓くために、多様なセクターとの連携・協働の進め方について幅広く議論するために、シンポジウムを開催します。

開会・挨拶
基調報告
  1. グローバル時代の日本の“森づくり・木づかい”最前線 〜法律改正から ICT 技術の活用によるイノベーションまで〜
    本郷 浩二林野庁森林整備部長
  2. グローバル時代の森林CSV 〜G7 伊勢志摩サミット後の企業による森づくりと木材利用〜
    藤田 香日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラム生物多様性プロデューサー
  3. 森づくり・木づかい”の「見える化」促進に向けた IT 化の最前線
    川崎 貴夫東京大学大学院 農学生命科学研究科
パネル
ディスカッション

基調報告③ “森づくり・木づかい”の「見える化」促進に向けた IT 化の最前線

川崎 貴夫東京大学大学院 農学生命科学研究科

みなさまこんにちは。私は本日の会場の隣にあるNECソリューションイノベーターでも働いておりますが、実家である材木屋の経営者、東京原木協同組合の理事として、全木連の吉条会長と一緒に、木の良さを伝える活動を行いながら、木材流通の研究もしております。

sympo201607_kawasaki01

本日は、関係省庁や自治体、企業の方々など、多くの皆様がお集まりだと思います。

森林経営の効率化など個々のシステムの詳細については、機会を改めて紹介することにして、今回はサプライチェーンを構成する全体像を整理しながら、ICT化の可能性を全体的に感じられるような内容としてお話しさせていただきます。

これから川上から川下まで順を追って、サプライチェーンの各フェーズごとに「こんなICT化がある」という事例やアイディアを紹介させていただきます。本日の話が皆様の気づきにつながれば幸いです。

sympo201607_kawasaki02

こちらは全体感を捉えていただくための資料です。中長期需要予測に基づく生産・供給量の確保と合法木材の流通促進にICTを利活用し、国産材の自給率を向上させることで、販売機会の拡大と地球温暖化対応、雇用の創出、地域(産地)の活性化、環境への寄与など、様々な効果が期待できることを示しています。

sympo201607_kawasaki03

こちらは本郷部長からもご紹介がありました真庭市の事例です。真庭市ではバイオマスの利活用を推進し「木を使いきる仕組み」を構築し、川下から川上にお金を戻し、強くしなやかな地域創造を目指しています。
資源供給の強化として、森林GISの導入・活用、木材トレーサビリティシステムにICTを活用し、産業構造の強化、木材需要の拡大、地域エネルギー循環、環境保全につなげています。

sympo201607_kawasaki04

こちらはそれを具体的に説明したスライドです。真庭市では平成26年から、「まち・ひと・しごと創生総合戦略先行事業」として「里山真庭の森林づくり推進事業」に取り組んでいます。森林資源量把握、ゾーニングの実施、データを活用した最適な路網計画並びに伐採計画を実証し、コストや生産性の分析などの情報をデータベース化して、精度の高いデータで森林経営を目指しています。

sympo201607_kawasaki05

森林資源量の把握の例として、航空レーザー測量をご紹介します。地表面をスキャンして、±15センチの精度で、三次元標高データを効率的に取得できるそうです。

sympo201607_kawasaki06

得られた計測データを地図上に表現すると、このようになります。視覚的に森林の現況が把握すること可能です。

sympo201607_kawasaki07

伐採計画は5年の短期と、20年の長期で、成長量以上の伐採にならないことをシミュレーションしたうえで、計画を策定しています。

sympo201607_kawasaki08

路網計画もシミュレーションを行い、路網密度の算定して、集材に有効となるような計画を立てています。

sympo201607_kawasaki09

こちらは、東京大学大槌イノベーション協創事業の事例です。私はこの事業のスマートフォレストリー
(仁多見俊夫(東京大学))で、プログラムマネージャーとして関わらせて頂き、3つの研究テーマで進めました。
一つ目は、林業における生産活動に至るまでの工程をICT技術で効率化し、量・時期共に精度の高い供給力を実現するために、機能化森林GISを活用した森林資源管理システムを開発しました。
二つ目は、造材作業における木材情報データベース化による木材需給調整機能の実用化を図るために、林業機械稼働管理及び造材データ収集マーク機構の開発を行いました。
三つ目は、木質バイオマスエネルギー利用に資する原料収集システムの確立するために、未利用林地残材収集の新システムを開発しました。

sympo201607_kawasaki10

こちらは機能化森林GISの画面です。右上に予想販売価格が算定され表示されています。

sympo201607_kawasaki11

結果は森林診断書として出力され、意思決定に役立つシステムになっています。

sympo201607_kawasaki12

これは3Dスキャンの例です。計測装置と専用ソフトを使用して森林資源の情報化・解析を行うシステムで、3Dスキャナーにはいろいろな機種があります。

sympo201607_kawasaki13

計測装置のスキャンボタンを押すと、装置上部に取り付けられたレーザースキャナーが180°回転し、林内をスキャンして45秒で完了します。この装置では空間データを合成させる処理に必要な基準マーカーを設置する必要がなく、計測は非常に簡単です。

sympo201607_kawasaki14

GPSも搭載していて計測を行った林地の場所をGIS等で確認する事も可能です。 このように立木の位置図や3次元立木マップを得ることも出来ます。平均直径、直径分布、総材積、ha材積等、間伐木の選木や間伐率も算出されます。

長野県ではドローンを利用した調査が行われており、林野庁と信州大学の加藤教授が連携して、三次元データの取得を行っています。

sympo201607_kawasaki15

森林の見える化だけではなく、林業災害を防止する取り組みも始まっています。このようなVRシミュレータを活用して、林内の作業を再現し、正しい作業や危険な作業の見える化をして、能率の高い技能を取得することが可能になっていきています。

sympo201607_kawasaki16

ここからは、川中の事例に移ります。ご存知の方も多いと思いますが、ハンディーターミナルで丸太の検収システムがICT化されていて、他にもカメラを使用して自動的に検知するシステムもあります。

sympo201607_kawasaki17

またハンディーターミナルもタブレット化されていて、業務システムは日々進化しています。

sympo201607_kawasaki19

こちらは画像認識技術による無垢構造材の流通情報システムです。これまでの QRコード等のラベルを添付して運用していたシステムを、個体認識技術を活用して作業の効率化を目指しています。まだこちらは研究企画段階ですが、求められる性状・品質の構造材を的確に供給する流通情報システムとして開発するために検討を進めています。

sympo201607_kawasaki20

このシステムは、流通在庫の仕入れ、先出し、移動日時の記録、生産履歴、乾燥条件などの重要な項目を網羅しています。 認証材、JAS製品に対応し、不良在庫低減に寄与するシステムです。

sympo201607_kawasaki21

このような流通情報システムが実証されることで、含水率、強度、認証情報など品質の見える化により、高品質化、安定生産、A材の需要拡大、無垢構造材によるブランド形成され、林産業の六次産業化による地域の活性化につながることが期待されます。

sympo201607_kawasaki22

サプライチェーンにおける個々の業務の効率化視点のものが非常に多いですが、垂直連携・流通の仕組みを志向したサービスも出はじめています。こちらは、川上から川中までの一貫した情報管理ができる統合システムです。

sympo201607_kawasaki23