『グローバル時代の森林 CSV シンポジウム』 ~2020 年を目指す、企業による「森づくり・木づかい」の新たな可能性と課題~を開催しました。

主 催 美しい森林づくり全国推進会議林業復活・地域創生を推進する国民会議
共 催 (公社)国土緑化推進機構、(一社)日本プロジェクト産業協議会/JAPIC、経団連自然保護 協議会、(NPO)活木活木森ネットワーク

sympo201607-all昨年、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」や気候変動枠組み条約の「パリ協定」などにおいて、森林の持続的な管理・利用の重要性が示され、我が国で開催された「伊勢志摩サミット」でも、持続可能な森林経営や違法伐採対策の強化が成果文書に盛り込まれ、我が国では本年5月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」が制定されました。

また、日本国内においては、戦後造成された人工林資源の成熟とともに技術開発やデザイン性の向上、IT化の進展を背景として、「新国立競技場」が木材を多用した“木と緑のスタジアム”として建設されることが決まるなど、我が国が有する豊富な森林資源と「木の文化」を活かした、持続可能で低炭素型の自然共生社会づくりの気運が高まっています。

このような中で、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年を見据えて、企業による「森づくり・木づかい」の新たな可能性や展望を切り拓くために、多様なセクターとの連携・協働の進め方について幅広く議論するために、シンポジウムを開催します。

開会・挨拶
基調報告
  1. グローバル時代の日本の“森づくり・木づかい”最前線 〜法律改正から ICT 技術の活用によるイノベーションまで〜
    本郷 浩二林野庁森林整備部長
  2. グローバル時代の森林CSV 〜G7 伊勢志摩サミット後の企業による森づくりと木材利用〜
    藤田 香日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラム生物多様性プロデューサー
  3. 森づくり・木づかい”の「見える化」促進に向けた IT 化の最前線
    川崎 貴夫東京大学大学院 農学生命科学研究科
パネル
ディスカッション

パネルディスカッション

グローバル時代の森林・林業・CSVの未来を語る 〜2020 年を目指す、企業による「森づくり・木づかい」の新たな可能性と課題〜

《パネリスト》

  • 出井 伸之美しい森林づくり全国推進会議 代表
  • 本郷 浩二林野庁森林整備部長
  • 鍋山 徹(一財)日本経済研究所 専務理事

《コメンテーター》

  • 藤田 香日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラム生物多様性プロデューサー

《モデレーター》

  • 宮林 茂幸美しい森林づくり全国推進会議 事務局長、東京農業大学 教授

sympo201607_panel28宮林今日は、大変素晴らしい基調講演等ありました。出井代表の挨拶からずっと素晴らしい内容のお話が続いていますが、最後は森林業の未来を語る、として、ITCなどからさらに一歩進んだ未来に向けた可能性について、ディスカッションできればと思います。
思えば、美しい森林づくり全国推進会議等の運動がはじまり10年が経ちました。最初の頃には、地球温暖化防止に関連してCO2の問題という環境問題があって、日本の森林を元気にすることが、CO2を吸収・蓄積することに繋がり、環境問題にフィードバックされる、という側面がありました。それから、森林資源が過熟することから木質バイオマス・エネルギーの問題から木を使うことが提言され、3.11の震災における防災の問題などもあって、森林が環境やエネルギーなどますます重要になってきました。そして、最近は成熟した森林資源利用という観点あら木材を積極的に使う、つまり成長産業の一つとして大きく経済界を巻き込んだ運動論になってきました。そのように、森林のテーマは非常に発展的になってきています。そのような中、これから先10年、我々は森林・林業をどのように展開していけばよいのかというお話を進めていければと思っております。本ディスカッションから鍋山さんにご登壇いただいておりますので、まず鍋山さんから、自己紹介を兼ねながら、最近の動向について、お話をいただければと思います。

鍋山 みなさま、こんにちは。鍋山です。どうぞよろしくお願いします。林業復活・地域創生を推進する国民会議の提言についての資料に沿って、話をします。
私は国民会議の推進委員会の検討ワーキンググループの主査として、1年をかけて議論したことをまとめました。

sympo201607_nabeyama05
提言の柱は3つです。
1つめの柱は、「国産材需要の拡大」です。富士山にたとえると、裾野を広げることで、輸入材ばかりでなく、国産材にも波及するからです。公共施設や住宅への木材利用にはじまり、商業施設や病院などの高齢者施設、そして都市圏のオフィスビルなどの高層建築へと、木材の部分利用の範囲を広げていくためには、様々なテクノロジーや創意工夫が必要になります。本日は、事例をまじえて説明します。
2つめの柱は、「多様な森林マネジメントの導入」です。山元が森林をしっかり維持してくことができなければ話になりません。森林資源のサスティナビリティ(持続性)の話をします。
3つめの柱は、「国民に愛される森林づくり」です。欧州のように、国民がもっと木材を使う、そして木とともに暮らす、という意識を高めていく必要があります。

「国産材需要の拡大」の有効な方法が、新たなテクノロジーの活用です。CLT(直交集成板)をホテルで初めて導入した事例が、ハウステンボス(長崎県佐世保市)の第2期宿泊棟です。

プロセス&プロダクトイノベーションでは、耐火集成木材の新製品(㈱竹中工務店)を医療施設で初めて導入した事例が、新柏クリニック(千葉県柏市)です。三層構造の柱(カラマツ)で、火災が発生すると、最外層が断熱性の高い炭化層として機能します。今後、スギなど、認可される木材が増えていくので、市場拡大が期待できます。

木造・木質化技術の標準化では、すでに流通している木材を上手に組み合わせながら空間をつくっている事例として、岩手県住田町役場や木材会館(東京都江東区)が挙げられます。現行法規での、最上階や内装の木造化・木質化です。木材利用による容積率緩和など、民間へのインセンティブを考慮した制度が有効である、と考えています。

sympo201607_nabeyama10

sympo201607_nabeyama11

これまでとは違った視点として、アーティスティック、感性志向からのアプローチを採り上げています。射手座造船所(徳島県上勝町)では、山中に全長20メートルの木造船を制作しました。人が集まる場が生まれ、一つの共通の目的が生まれています。船の家造船所(新潟県新潟市)では、低湿地の街、アムステルダムのように、潟のほとりにボートハウスを新設して、新たな人々の活動源になっています。芸術やアートの要素を盛り込んで、色々なところで木材を使って表現していくことが、需要拡大につながっている事例です。

地域全体として林業の活性化に取り組んでいるのが、大分県日田市の事例です。林業を地域の基幹産業(移出産業)に位置づけ、林業を中心に、多様な産業間の連携(組み合わせ)で、商品・サービスの高付加価値化をめざしています。例えば、杉材を加工したウッドファイルやご祝儀袋は、体積ベースでみると、単価の高い商品です。

sympo201607_nabeyama12

「国産材需要の拡大」の最後になりますが、「崎-崎(さきさき)モデル(川崎市-宮崎県の木材利用における包括的連携)」と「ビッグファニチャー(大型家具)」を紹介します。「崎-崎モデル」は、宮崎県の木材を使って大都市圏の川崎市で消費をしてもらう、山元(地方)と消費地(都市)をつなぐ連携モデルです。次の、ビッグファニチャーは、動かせる大型家具です。宮崎空港保安検査所で導入されています。建物の一部として固定されているわけではないので、建築基準法など法規制がかかりません。

sympo201607_nabeyama13

3つの柱の2番目、「多様な森林マネジメントの導入」では、森林資源の持続性が焦点です。相続などにより所有者の地籍が不明確になっていますので、その明確化は、喫緊の課題です。くわえて、需要拡大においては、量の面では「安定供給ができるか」という課題、質の面では「育林コストがまかなえない低価格では、植林〜伐採の再造林システムの再構築が必要である」という課題を抱えています。このほか、IT・ロボット・機械の活用によるスマート林業で生産効率を改善すること、国際森林認証制度のさらなる促進(2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの認証木材の使用)を提言しています。

sympo201607_nabeyama16

持続可能な木質バイオマスエネルギー活用モデルの早期確立では、㈱小松製作所の北陸・加賀地区の事例を採り上げています。地産地消の循環サイクル(植林〜育成・伐採〜材集積&未利用チップ化〜バイオマス発電)です。その中でのポイントは、①森林組合との信頼関係の構築があってはじめて、原料であるバイオチップの安定供給が可能になることや、②初期設計の段階でマーケティングによるバイオマス発電設備の適正規模の確認が大事であることです。

sympo201607_nabeyama19

3つの柱の3番目は、「国民に愛される森林づくり」です。まず木と触れ合う効用(健康志向)の見える化では、タリーズ&イタリアンレストラン(兵庫県伊丹市)の事例を紹介します。木材を使って人が集まる空間を演出することで、お母さんや子供たちが長い間楽しむ空間になります。その結果、消費単価が上がり売上が増えます。このような小さな積み重ねが、木材活用の場面を広げることになります。

sympo201607_nabeyama20

森林や木に親しむ次世代の人材育成では、子供たちには、教えるのではなく、木に触れる機会をつくることが効果的です。三井物産㈱では、小学生の親子向けのプログラム(森林教室「森のきょうしつ」)で、自然観察や林業体験を通じて、森のことをよく知ってもらう取り組みをおこなっています。

sympo201607_nabeyama21

また、三井物産㈱と慶應義塾大学が連携して、大学生向けに「フォレスト・プロダクツ論(教養講座)」を実施しています。多角的な視点で森林資源をとらえて木材利用の可能性について議論してもらい、森林や林業に対する専門知識を深めてもらおうという取り組みです。

宮林ありがとうございました。3つの柱という提案をしながら、色々な木材の使い方、連携の仕方、人材育成など新たな展開をうかがえました。今、伊勢志摩サミットや森林を使いやすくする森林法の改正、あるいは無垢の構造材から合板や集成材あるいはCLTなど部材としての利用へと木材利用の多様化などがあり、国内の森林資源が成熟しており、特に、戦後の植林された人工林がはじめて伐れる時代になっており、これをどう使っていくかという課題がある中で、新しい視点がでてきていると思うのですが、鍋山さんはどのようにお感じになりますか。

sympo201607_panel01 鍋山 地域における「横」の連携はこれからです。地方創生といいながらも、農業・林業・水産業の若手・中堅クラスの人材が「横」の連携をほとんどもっていません。これまで、日本は「縦」の連携によって成長してきましたが、これからは切り口のセンスが問われます。人の流動性が高くないため、大都市から地方まで、多様な産業の方々の関わりがほとんどない状態です。縦横斜めの視点で、気づかない組み合わせが出てくれば、日本人は真面目できめ細かいので、新たな気づきやアウトプットが生まれるはずです。

宮林なるほど。かつては、コミュニティのような共同がありましたが、縦割りに区切れてしまって、他が見えなくなってしまいました。それぞれがばらばらに発展してきたので、それらを繋ぐこと、連携すること、すなわち多様なセクターがパートナーシップを取ることによって可能性が出てくるということですね。

鍋山 今日のシンポジウムの共通の言葉に「見える化(可視化)」があります。まずは、見える化して、やる気がでてくるような事例をいくつかご紹介しました。

宮林では、出井代表、森林や木材に関連して最近の新たな視点についてはいかがでしょうか。

sympo201607_panel08 出井世の中に変わりゆくものと変わらないものがあるわけですが、比較的変わらない森林と同様、人間の本質もあまり変わりません。IT技術が進んでも、シェイクスピアのような昔の本の内容が今も変わらないように人間の本質はあまり変わりません。森を恋しくなる、ということも、変わらないところに身を寄せたという側面もあるのではないでしょうか。最近のベンチャー企業を見てみると、森の中で勉強をするのがプレステージのようになっていたりするそうです。

それに対して、変わるものといえば例えばコンピューターや人工知能などで、レイ・カーツワイル氏は、2045年には人類の全ての知能をコンピューターが上回る「シンギュラリティー」が起こり人間がコンピューターを支配できなくなると言っています。最近の変化を見てみると、これは脅かしではなく現実味を帯びてきているように思います。変わるものの典型は、コンピューターが支配する世界でしょう。株価の変動にも人工知能が入ってきていたり、ものすごく変化が速い世界です。なのに、変化に対応することが苦手なところもあって世界は混乱してきていると思います。

また、地方に旅行に行くと、よくこんなところまでと思うような山や森にまで、たくさんの外国人の旅行者がいます。それだけ日本に魅力があるということだと思います。では、日本の何が良いかといいますと、やはり変わらない伝統をずっと育ててきたというところがあるのではないでしょうか。長野県諏訪神社の御柱を例に取ってみても、木を決めてから伐って御柱祭まで、村の生活が年間行事として決まっています。

それに対して、中国は文化大革命で過去のものを否定してしまいました。つまり、帰るところがないのです。その点、日本には帰るところがたくさんありますが、私たちはそのありがたみが分かっていないのかもしれません。

私は長野県のような山や森があるところが大好きでそこに暮らしていますが、やはり森にいると都会で疲れた人も自分を取り戻せますし、元気になれますし、そのようなことは森の価値の一つだと思います。
木材は森林の価値の一つではありますが、森のもつ価値のように、目には見えない価値が日本にはあふれていると思います。これからは変化だけに身を置くのではなく、変化がないものと自分の価値観をあわせるようなことも必要です。日本が成熟した文化を保てたのは変化しなかった価値観のおかげだと思います。