「森と共に暮らす社会」をめざして

中山間地域の人手不足を補い、都市住民の森林への関心を高めるための市民運動としてはじまった「森林ボランティア」は、さまざまな問題・課題に直面しながらも、多様な団体や企業を巻き込んで、それぞれの地域における森づくり活動を根付かせてきています。「森づくりフォーラム」は、そうした森づくり活動を行う地域・団体・企業・市民・自治体とのネットワークを結び、活動を支援しています。わたしたちは、各地域での活動サポートや都市市民への情報発信・啓蒙活動を通じて、「森と共に暮らす社会」の創出をめざしています。

調査研究・政策提言

森林に係る活動や政策の調査研究や森林政策への提言を行ってきました。近年は森づくり活動を行う約3,000団体を対象に、「森林づくり活動の実態調査」を実施し、活動における課題解決に向けた情報発信を行っております。

 団体支援・人材育成

人材育成事業やグリーンボランティア保険を通じて、森づくり団体のレベルアップと保全活動をサポートしています。

普及啓発

体験・展示などイベントの実施、シンポジウム開催や森づくりに関わる連続講座の実施などを通じて、関心層の拡大を図っています。

団体の取り組み

グリーンボランティア保険

森林、公園、川、海辺等における自然観察・調査、木工、清掃作業またはチェーンソーもしくは刈払機(※) など同等の動力工具の利用など営利を目的としない活動を対象に、グリーンボランティア保険事業を行っています。NPO法人森づくりフォーラムが契約者となり、ボランティア活動への参加者等を被保険者とする、行事参加者の傷害保険担保特約付帯普通傷害保険、国内旅行傷害保険および施設賠償責任保険の包括・団体契約です。活動後の実績に応じた保険料精算で、利用しやすい形式をとっています。

連続講座「森から人へ 人から森へ」と全国規模のシンポジウム「森林と市民を結ぶ全国の集い」

これまでの活動を通じてできた、森林・林業関係者や森林でソーシャル活動を行う団体とのネットワークを活かし、森と人との関係にフォーカスした連続講座を運営しています。また2年に1度東京にて開催される「森林と市民を結ぶ全国の集い」の事務局を担っています。

特定非営利活動法人 森づくりフォーラム

東京の西多摩地域の森林荒廃問題を契機に、1995年に任意団体を設立。2000年にNPO法人格を取得するとともに全国の森づくり活動団体とのネットワークを構築し、中間支援活動に取り組んでいる。また、活動がより円滑にできる環境の基盤整備を実施し、住民、森林所有者、行政、企業などが協力しあって、多様な人々が森づくりに参加できる機会や普及啓発も行っています。人と森林が共に暮らせる社会の実現をめざし、その活動を通じて社会全体の利益の増進に寄与することを目的として各事業に取り組んでいます。

住所〒113-0033 東京都文京区本郷2-25-14 第一ライトビル405号室
TEL03-3868-9535FAX03-3868-9536
HPhttp://www.moridukuri.jp