「3月8日はフォレスト・サポーターズの日」イベント報告

snoopy_title

snoopy_p04ご存じですか?

京都議定書で日本が約束したのは、温室効果ガス6%の削減。そのうち約3分の2にあたる3.8%は、森林によって吸収することが目指されているのです。国土の約7割が森林という日本でも、この数字を達成するには、多くの人々が森林づくりに参加したり、間伐材などの木材を生活の中で活かすことで、「植えて、育てて、収穫して、上手に使う」という「森の循環」を取り戻していくことが必要です。

そこで、「フォレスト・サポーターズの日」を、この重要な数字“3.8”にちなんで3月8日に制定し、私たち一人ひとりが森のために行動していくことを呼びかけるための記者発表&活動宣言イベントが開催されました。

 

snoopy_p05今回の記者発表&活動宣言イベントでは、日常から「気候や自然」などの環境を伝えることが仕事である気象キャスターをはじめとした著名人の皆さんが、「日本の環境を救えるのは、森だと思う。」という「フォレスト・サポーターズ」の想いに共感下さり、「フォレスト・サポーターズ」のメンバーに仲間入りするとともに、今後取り組む森のための活動をプレゼンテーションしてくれました。日本の森林のため、そして世界の森林のために…。皆さんがこれからどんな活動や呼び掛けをしていくのか、さっそくお話を聞いてみましょう!

「美しい森林づくり全国推進会議」事務局長の宮林茂幸さんのご挨拶

snoopy_p00「3.8%」という数字を、私たちはどのようにして達成していけばよいでしょうか。 今日本には、人の手が入らずに弱っている森林がたくさんあります。これらの森林に手を入れて整備し、森林を健康にしていくことで「3.8%」は達成できるのです。

これには、多くの方の協力が必要です。森にふれ、木を使い、森を支え、森と暮らす。そうした様々な活動の中でできることから始めていただき、この3月8日を機に皆さんの力をお借りしたいのです。「美しい森林づくり全国推進会議」は、省庁や経団連、ボーイスカウト、ガールスカウトなど様々な団体が関わっていますが、これを僕らは“国民運動”として広げていきたいと考えています。

snoopy_p02また、5月22日は国連が定める「国際生物多様性の日」です。この日、「グリーンウェィブ」という“緑の波”を世界中で起こす、植樹キャンペーンを行います。国内だけでなくこうした世界規模での活動へも目を向けていただくための“キックオフイベント”として、本日のイベントをお考えいただけたらと思います。

まずは、皆様の森林づくりに対する意識を高めていただきたい。そして、幼いお子さまからおじいちゃん、おばあちゃんまで。そして、NPO、行政、企業…など、皆さんが連携して共に協力し、美しい森林をつくって後世に引き継いでいきましょう!

前日本森林学会会長の桜井尚武の「歩く森林教室」

snoopy_p01「東京タワー」大展望台からは、首都圏の「水がめ」であるとともに、地球温暖化防止、生物多様性保全の役割を発揮している、関東一円の森林を一望することができます。さらに、東京の都心には、ヒートアイランドを緩和するとともに、都心の喧噪の中にいる私たちの心に潤いを与えてくれる緑が数多くあり、さらに東京湾では新たな森づくりもはじまっています。

snoopy_p03そこで、日本森林学会前会長の桜井尚武日本大学教授とともに、大展望台を周回しながら、約90年前から人の手によって育てられてきた「明治神宮の森」や、東京湾中央防波堤に今後30年かけて造成される「海の森」などを紹介しながら、都心の森林や首都圏を取り巻く森林の重要性などを学んでいく「歩く森林教室」も開催しました。

皆さんが今後取り組む活動宣言!

snoopy_p_01橋本大二郎さん

「CO2のカンヅメを広めます」
「これは『CO2のカンヅメ』です。ご心配なく、炭酸ガスはでません。僕が知事をしていた高知県で切り捨てられた、ただの丸太の輪切りです。でもこの中には500gものCO2が閉じ込められています。このカンヅメを広め、都会に住む人々にもっと森林を身近に感じてもらいたいです!」

snoopy_p_02森田正光さん

「木一本森を作る」
「江戸時代には『木一本首一つ』なんていう言葉がありました。木を盗んだら死刑だという意味で、日本はそれくらい木を大切にする国でした。大切なのは、切るだけでなく木を増やしていくこと。明治神宮の森だって人工林です。もっと森を作っていきたいですね」

snoopy_p_03木原実さん

「キャンプに行こう!」
「最近は、舗装された公園や校庭で子どもたちが遊んでいますね。そんな、自然とのふれあいが少ない子どもたちに大人ができるのは、森の良さを伝えること。キャンプに連れだして、森の楽しさを体感すれば森林を大切にできる大人に育つのではないでしょうか」

snoopy_p_04美濃岡さん

「出かける。触れる。広める。」
「6年前のインド洋大津波の際、被害を最小限に食い止めた漁村がありました。それが“海の森林”と呼ばれるマングローブのお陰だったと聞き、私は西表島を訪ねました。実際見ると、森の力を感じます。こうして触れ合った森の話をもっと広めていきたいです」

snoopy_p_05アイドリング!!!3号 遠藤舞さん

「アイドリング!!!の番組ロケを森の中でやります!」
「私たちはフジテレビで『アイドリング!!!』という番組に出演しています。そこで、ロケを森の中でできないかなと考えています。私たちアイドリングが森林と触れ合い、番組を見てくれているたくさんの方にその楽しさを伝えていきたいです」

snoopy_p_06アイドリング!!!8号 フォンチーさん

「森林公園などで散歩したり、ライブもやりたい」
「森の中はもちろん、森林公園で散歩したいです。散歩なら今すぐでもできますし、まずは自分が自然と触れ合いたいと思います。そう、ライブもいつかはやってみたいと思っています。たくさんの人を森に呼びたいです」

 

snoopy_p_07アイドリング!!!14号 酒井瞳さん

「森にアイドリング!!!基地を作る」
「私の出身は宮崎県。小さい頃は森がいっぱいある環境で育ちました。思い出深いのは、秘密基地作り。でも、なかなか東京ではそんな遊びができませんよね。そこで、子どもも大人も楽しめる『アイドリング!!!基地』を作ってみたいなと思います」

snoopy_p_08アイドリング!!!19号 橘ゆりかさん

「森の写真家になる」
「私たちアイドリング!!!は公式HPにリンクしたブログで日記を書いています。私たちがたくさん森にでかけて、携帯のカメラでもいいから『森に行ってきました!』と写真付きで報告したいです。多くの人に森の良さをどんどん伝えていきたいです」

snoopy_p_09アイドリング!!!20号 大川藍さん

「森にアイドリング!!!みんなで遊びに行く☆」
「メンバーみんなで森に遊びに行って、森と触れ合い、楽しく過ごしたいです。そんな森にまつわる私たちの楽しい思い出や発見をたくさんの方に発信し、森の楽しさを分かちあっていけたらなと思います」

snoopy_p_10駒村多恵さん

「自ら間伐します!」
「私の実家は携帯の電波も届かない山の中。幼い頃は薪で五右衛門風呂に入ったり山で栗を拾ったり、森の恩恵をたくさん受けて育ちました。ところが先日、里帰りすると台風被害で、森が悲鳴を上げていました。今年は私も間伐に参加し、山を元気にしたいです」

snoopy_p_11岡田真奈美さん

「食卓に、木をそえる!!」
「私はラジオの環境番組で食についてお話しています。そこで、箸やお椀、箸置きなど木でできたものを使うことをお薦めしようと考えています。プラスチック製品が増えている中、木のぬくもりある食器やお箸はお子さまとの会話にもつながるのではないでしょうか」

snoopy_p_12井出迫さん

「間伐。発信。教育。」
「計画しているのは3つ。1つ目は、出身地鹿児島で、手入れの行きとどいていない山の間伐に参加すること。2つ目は、年間100本のラジオ環境番組で情報を発信すること。3つめは、小学校で温暖化の講演を行うのですがその時森林についても語ることです」

snoopy_p_13エイジアエンジニアさん

「もっと森をよく知るために森で遊ぶ」
「ツアーで全国を回る際、日本の森の美しさを実感しました。キャンプに行ったり、森で音楽を聴いたり、ハイキングしたり…、とにかく森に遊び行くことをお薦めします。森で過ごすことが楽しくなれば、ゴミも捨てたくないし、木も切りたくなくなるでしょ!?」

snoopy_p_14くぼたみかさん

「子どもには木のおもちゃを」
「私は、地球に生まれたことにとっても感謝しています。こんなキレイな星に生まれたのはミラクルではないでしょうか!! 私や友人に将来赤ちゃんが生まれたら、森、つまり地球の恩恵をたくさん受けた木でできた“積み木”をプレゼントしたいなと思っています」

snoopy_p_15宮林茂幸さん

「宮の林を作ります」
「お宮にある林を『鎮守の森』と呼びますが、こうした日本古来なじみのある森をもっと増やしたいですね。私は、自然の産物は“預かり物”だと考えます。私たちが恩恵を受けてきた森林を磨きあげ、次の世代に受け継ぐ。それが私たちの義務ですね」

snoopy_p_16桜井尚武さん

「たき火で飯作り、その技術を広め、森と仲良くしていきます」
「山で、そこにあるものを燃やしてご飯を炊いてみる。僕は学生を森へ連れていって、必ずそこでご飯を炊いています。この技術、地震などの災害時だって役立つと思いませんか?山で遊ぶ、山でご飯を作る、僕はこうして森林に親しんでいきます」

記者発表&活動宣言

snoopy_p06日時:2010年3月8日(月)
時間:午前11時~12時
会場:東京タワー大展望台 1階
主催:美しい森林づくり推進国民運動「フォレスト・サポーターズ」運営事務局((社)国土緑化推進機構)