国産材を利用した唯一の紙製飲料容器「カートカン」の利用促進

ヨーロッパ生まれの紙製飲料容器「カートカン」はリサイクルが可能で賞味期限も長い「環境にやさしい容器」ですが、最大の特徴は、容器の紙に間伐材を含む国産材を30%以上使用していることです。そのため、カートカンの利用は日本国内の林業における「植える→育てる→収穫する」という「みどりの循環システム」を回すことに繋がります。この容器の利用は国内の森林資源の保全に大いに役立ちます。

普及啓発活動の展開

協議会の総会・懇親会では協議会会員、業界幹部などが集結し企業間の垣根を取り払い、日本の森林が抱える課題を知って頂き、環境問題改善を含めた意見交換を実施しています。また、全国植樹祭、全国育樹祭への参加の他、イベント活動では参加者に環境容器を紹介し、都会居住者でもこの容器の利用は日々貢献できる「環境活動」であることを訴求しています。

団体の取り組み

環境・森林イベントで普及啓発 全国展開

行政、自治体、関連団体と連携したイベントに出展、協賛を実施し多くの方々にカートカンを知って頂く機会を創出しています。

主な出展:みどりの感謝祭、エコプロダクツ展、くらしフェスタ東京、モクコレ
主な協賛先:林野庁、自治体(都道府県・市区町村)国土緑化推進機構、全森連、活木活木森ネットワーク

未来を担う若年層に講演 全国展開

大学において独自の講演を実施しています。将来の日本を背負う若者たちに、「容器の利用促進」を各地で訴えています。

講演実績:女子美術大学、東京都市大学、埼玉大学、フェリス女学院、獨協大学、高崎商科大学

森を育む紙製飲料容器普及協議会(もりかみ協議会)

平成16(2004)年設立。間伐材、端材を有効活用した紙製飲料容器を普及させることにより、森林育成の重要性を国民に伝えることを目的とした協議会。賛同する飲料メーカー、関連企業30社で発足。現在は異業種企業の参加もあり拡大している。

住所〒110-8560 東京都台東区台東1-5-1
TEL03-3835-7680FAX03-3835-7668
HPhttp://www.morikami.jp/